2010/12/20

Post #31 The Clockwork Orange

Paris
昨日はなんだか疲れたぜ。どこまで話したっけか?
そうそう、俺はある意味、ピンチを迎えていた。例の電気屋のさっさんが『スパークスさんだけは、絶対俺にキスさせてくれない!』とか吠えていた。俺はまるで時代劇の用心棒が、刀を抱え込むようにして愛用の髑髏の杖を抱え込んで、海鮮鍋をつつくことになったんだ。こんなことなら、白のつなぎにDr.Marten'sの14ホールのブーツを履いて、股間を防御するためにコッドピースを付けてくれば良かった。杖もあるし、あとは山高帽をかぶれば、『時計仕掛けのオレンジ』に出てきたアレックスのコスプレができただろう。
そもそも、俺の方針としては、そういう性癖の方のことは理解はして温かく見守るつもりだが、あくまで同好の志でやってほしいもんだ。
さすがのさっさんも、若いころパンクスだった俺の放つ、『時計仕掛けのオレンジ』の主人公アレックスみたいなウルトラバイオレンス準備OK!てな雰囲気に、強行突破は無理と思ったのか、自分がホモに転向したいきさつを語りだした。曰く、3年ほど前にストリートガールをゲットしたんだが、いざその時になったら相手は実はオカマだった。仕方ないから、そいつのケツにぶち込んだら、以来病み付きになったんだそうな。OK! そりゃロックンロールだな。だからって、俺の尻に執着するのはやめろ!
だいたい、さっさんはいつも仕事の折に、俺のケツなんか触ってきやがって、その度に『気安く触んじゃない!』って俺に一喝されていたんだ。俺の尋常じゃない怒りぶりを周囲はいぶかしんでいたらしーんだが、事情を知った今となっては彼らも納得してくれたことだろう。ちなみに、さっさんは俺の小ぶりで筋肉質な尻が好きらしい。ジョーダンじゃ無い。
俺はいつも、仕事でトラブったりはまったりするとき、『終わらない仕事はない』って思うことにしてるんだが、俺はこの夜もそう思うことにした。そうこうして、じっと嵐の過ぎ去るのを待つうちに、さっさんと大騒ぎしてた連中が酔いつぶれてトイレにこもったりし始めた。これはいい。どんな台風も陸地に上がって水蒸気の供給が断たれると、急速に勢力が縮小してゆく。いつの間にか、さっさんは、俺たちのもとを離れ、元の席に戻っていった。しかし、ほっと一安心していると、向こうのほうからさっさんが、『あいつら変態でどーしょうもならん』とか言っているのが聞こえてきた。俺は飲んでいたウーロン茶をまたまた吹き出し、『エー加減にせいや!』って怒鳴ってから、呆れたように笑ってたのさ。
そんなこんなで怖ろしい第一ラウンドが終了した。お店の皆さん、他のお客さん、ご迷惑をおかけしました。
Paris
で、舞台は2次会のニューハーフクラブに移るんだ。俺は、その手の店は初めてだったから、どんなんかと思って少し楽しみにしてたんだ。何しろ今まで会計監査のように真面目一筋に生きてきたからな。でも、それだけじゃ人生の半分しか分かんないだろう。お釈迦様だって、出家する前は王子様で好き放題やっていたんだぜ。俺は先頭切って乗り込んでいったぜ。WAO!並みの女なんかより、よっぽど綺麗だし、そこいらのキャバ嬢なんかよりよっぽど客へのサービスが丁寧そうだぜ!やっぱり、物はなくても元男、男のツボをよくわかってるぜ。
しかし、さすがに一挙に25人も乗り込むと、おねーさん?の数が不足して、10対2くらいの席もあった。俺の席だ。しかも、おねーさん?が座っているのは、俺からかなり遠い。おねーさん?が『オカマが足らなーい!』ってしゃがれた声で叫んでいたぜ。これはつまらん、急激に冷めてきた。こんなところ初めてで、ドン引きしてるやつも結構いる。中には眠ってるやつまでいる始末だ。ヤバイ、他の席に移ろう。
他のBOX席に移ると、そこは例のさっさんの席だった。まぁ、ここでいいか。
最初はそこには店のNo1ママ(上品なカンジで、俺的にはタイプなんだが、オカマなんだよね)ともう一人がいたんだ。ラッキー! だが、しばらくすると店の主みたいな、ああ、まさにオカマみたいなおっさんおばはんがやってきた。しかも毒舌だ。俺のこと捕まえて、『あんた葉加瀬太郎みたいな頭ね。この間、葉加瀬太郎来てたのよ。あたし浮浪者が座ってるのかと思ちゃったわ』だってよ。俺は死んだ親戚にはガジローって呼ばれていたぜ。寅さんに出てくるあの佐藤蛾次郎だよ!それが今度は葉加瀬太郎かよ?くせ毛なんだからほっといてくれよな。
よせばいいのに、さっさんは『俺はホモなんだ』とここでもカミングアウトしてたが、嗄れ声で『あんた、オカマとホモは違うのよ、一緒にしないでくれる!』とか軽くあしらわれていたぜ。この毒舌おばはんがやたら人気者で、なかなかこの席から動きそうにないんで、仕方ない。またよそに行くか。俺は綺麗どころが好きなのさ。
そうこうするうちに、オカマのおねーさん?に股間を触られて、『結構なものお持ちね』なんて言われたりしてた。相手が見た目きれーなおねーさんだから悪い気はしないが…、俺はそういうのじゃないって言ってるだろう!
俺の髑髏の杖はここでもオカマちゃんたちに好評だった。しかし、お前ら俺の杖にしか興味ないのかよ。とはいえ、さっきみたいに股間とかに興味を持たれても困るけどね。俺はいつものように君たちのパンツの中より、心の中に興味津々なんだがね。
ショータイムのコントでは、俺だけが例のおばはんとかのコントに、笑い袋のように爆笑していたぜ。
まるでトムとジェリーみたいにげたげた笑っちゃうのさ。さっさんは一万円を崩して、誰彼かまわずチップをくれてやってたぜ。景気のいい奴は違うな。よせばいいのに、俺もつられてチップをオカマちゃんの胸の谷間に挟んだりしてた。
ラッキーなことに、何人かのオカマちゃんの写真を撮らせてもらったりしたぜ。その写真はいずれ皆さんにお届けすることができるだろう。楽しみにしていておくれよ。あるオカマちゃんには、今度自分のヌードを撮ってほしいなんて言われたりもしたぜ。俺にはそのケはないんだけど、いざその機会があったなら、写真のためだ、俺はやるぜ。普段使ってない中判カメラとか出動させて、ガンガン行くぜ。
そう、天才アラーキーみたいに『イイねぇ、バシャ!もう一枚行ってみよう、バシャ!最高、バシャ!股開いてみて、バシャ!』なんてノリでね。
Ok、楽しみになってきたぞ。それこそまさに写真人生だ。ロックンロールだ。
こうして、忘年会は終わったのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿