2010/12/04

Post #17 Morning Glory


Toba Port
俺は夜明け前から車をすっ飛ばして、ウナギの養殖とウナギのパイで有名な街にやって来た。俺は仕事があれば何処にだって行くさ。もちろん、君が会いたいと言えば、車を飛ばして何処にだって行くさ。覚えておくと良い。俺は自分に都合の悪い事はすぐに忘れる。忘れないのは君の事だけだ。
仕事が始まるまで少し間があるから、本来なら少し眠っておくべきだろう。よく眠る者は、よく赦されているものだ。何をって?人が本来的に背負っている宿業をさ。しかし、俺はそうそう眠らないぜ。覚醒していたいのさ。誤解してはいけないよ。覚醒剤なんかやってないぜ。ビンボーだからな。脳内麻薬がドッパドッパ出ているのさ。
そう、俺は今朝,、光も見えない夜明け前に家を出た。暗夜行路だ、夜明け前だ。志賀直哉か。島崎藤村か。
俺は車を飛ばして、この街にやって来たんだが、俺は美しいものを見たのさ。
あぁ、光さ、光を見たのさ。I See The Light だ。映画のブルース・ブラザースに出てきたジェイムス・ブラウンの神父みたいだ。
太平洋に昇る朝日を俺は見たのさ。漆黒の空が、徐々に明るくなり、やさしい朱色に水平線が彩られていくのさ。
そして、そのうち鈍く耀く太平洋の波間から、ホウズキのようなオレンジ色の太陽が昇って来たのさ。ジョン・レノンならマーマレード色と言うだろう。
昇りたての太陽は溶鉱炉から迸った金属か、ガラス工房で融かされたガラスのようにも見える。そんな色合いなんだ。今にも溶けた雫が海に落ちそうだ。君は見たことがあるかい?
美しい。これには君の美しさも敵わないだろう。キャリアが違う。太陽はもう50億年は燃えているんだからな。
もちろん、太陽は毎日昇っている。そんなの当然だ。けれど、何だかこの太陽は特別な気がしたのさ。
風邪も治って来た。今日の太陽はまるで俺を、そしてもちろん君達を祝福しているようだ。
俺は君たちの、そしてあの娘の幸せを祈ったぜ。君にも見せてあげたかった。しかし、写真じゃあ無理だ。この美しさは捉えられない。第一、車をすっ飛ばしながら、写真は無理だ。危ないぜ。命に関る。まぁ、たまにはやるけれど・・・。
もし君が、こんな太陽が見たけりゃ、夜明け前に俺と出掛けよう! 今日が君たちによい一日である事を、祈ってるぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿