2010/12/14

Post #26 Taxman

Paris
今日は税務署に行ってきた。年末調整だ。
今ここで初めて明かすが、SPARKSというのは、本来俺の会社の名前なのだ。
もちろん本名ではない。(さらに言うと、SPARKSちゅう名前もThe Whoの曲のタイトルから頂いた。繊細かつ豪快、美しく、かつノイジーないい曲だ) 
つまり、俺、こう見えて社長。
けれど、部下無し。
つまり俺一人の会社なんだ。だから年末調整も税務申告もみんな自分でやるのさ。
極めてめんどくさいが勉強になるもんだ。

だから、今日のテーマはTAXMANだ。The Beatlesだ。これでピストルズはクビ確定だ。いや、でもあの曲はなかなかにタイトなリフが決まっているぜ。カッコE。その次の曲の“Eleanor Rigby”も渋い。人生について思わず考えさせるような名曲だ。

税金はできたら払いたくない奴がいっぱいだ。今日の新聞にも、菅総理が、法人税の5%引き下げを指示したと書いてある。さっそく経団連のお偉いさんがこの決定を評価するとの談話を発表していたぜ。とはいえ、赤字会社の俺にはカンケーないね。法人税が払えるようになってから、評価したいもんだぜ。
しかし、どうしていつもこの経団連のお偉いさんたちは、こうもエラソーなんだろう。まるで日本の支配者みたいにふるまっているぜ。
儲けたら税金を払う、そしてその税金が低所得者のために使われたり、インフラストラクチャーの整備のために使われるのは、必要だし大切なことだと思うが、諸君、どうだろうね。俺だって税金は極力払いたくない。儲かっていないからな。しかし、お先真っ暗な日本の若者や子供のために、俺の払った税金が使われるんなら、良しとしておこうぜ。
だいたい、昔はみんな、高額納税者番付に載ると、名誉なこととしていたらしーが、最近ではそんなこと言っているのは、まるかんの斉藤一人さんくらいのもんだ。えらい奴だぜ。みんな税金は払いたくないが、デカい車に乗ったり、相も変わらず似合わないブランドもんのカバンなんか持って、セレブ気取りかよ。セレブってのは成金って意味もあるんだぜ、成金だ。金は天下の廻りものだが、こう景気が悪くて先行き真っ暗で、皆の衆の財布のひもが固くなっていると、ますます悪循環で景気は悪くなっていくんだ。ぱぁーっといこうぜ、植木等だって、♪金のない奴ぁ、俺んとこ来い。俺もないけど何とかなるさ♪って歌っていたぞ。いつも俺の90になるばあさんが気に入って歌っていたな。
みんなマックス・ウェーバーの歴史的名著『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』でも読んで、勉強したほうがいいぜ。岩波文庫から出てる。700円くらいだ。目から鱗が落ちるぜ、きっと。
俺たちは、一代限りの世界を生きているんじゃない。次の世代に続く、悠久の時の流れのなかで、次の世代に世界を、自分が生まれてきた時よりも、少しだけましにして渡してやるために生きているんでもあるんだぜ。税金も払わず、給食費も払わず、自分の目先の欲望のためだけに銭を使っちゃいけねぇよな、人として。
まぁ、そーは言っても、日本のお役人さんや政治家の皆さんには、モー少しまともな銭の使い道を考えて貰いてーな。あいつらの世間知らずにはうんざりするぜ。

そういえば、俺の母方の爺さんは10年くらい前に亡くなったんだが、この人が税理士だった。税理士になる前は税務署員だったようだ。戦後すぐには、なんだかわけのわからない零細製薬会社なんかをやっていたとも聞いたが、人に歴史ありだ。
そういや、税務署員を長くやると、日本では税理士になれるんだぜ。俺の愛するロック界最強のベーシスト、ジョン・エントウィッスル(もちろんThe Whoだ。)もバンドがプロになる前は、税務署員だった。手堅い商売だ。ちなみに彼は、世界有数のベースとギターのコレクションを持っていたんだが、彼の死後(ハリウッドでのライブの前の晩、コカインを決めて、コールガールを呼んで、いい年してハッスルしすぎた挙句、コールガールが上にまたがったまま心臓が止まって死んだんだ。サイコーだぜ、ジョン。まさにロックンロールだ)、息子は相続税が払えず売り払ってしまったそうだ。うん、これまたロックだね。


俺の愛機 S690 年代もんだぜ
ちょっとセクシーなシールで気分を盛り上げようぜ!
俺の愛用の引伸機は、その爺さんの息子、つまり俺のおふくろの弟が、若いころ使っていたものだ。FUJIのS690っていう年代物だ。時代遅れの写真を撮って喜んでいる俺にはお似合いだ。しかし、女だって、若けりゃいいってもんじゃないのとおんなじで、マシーンだって新しけりゃいいってもんでもないんだぜ。
こいつを俺は、爺さんが死んでしまったんで、仕事に使っていたプレハブ小屋を片付けている時に、ちゃっかりいただいたのさ。
しかし、引伸レンズだけは、いろいろ試した結果、ドイツ製の名玉Rodenshtockの50㎜F2.8を使っているんだ。このレンズでプリントすると、写真の黒の締りがサイコーだ。素晴らしい。写真がハードなカンジに仕上がって、変なたとえだけれど、ビシリとハイテンションで張った弦で、ジャーンってコードを鳴らしたみたいなカンジなんだよ。
写真はレンズで決まる。プリントもレンズで決まる。写真にはレンズが大切なんだ。その点、デジカメはその辺の味わいが薄いんだよねぇ…。残念ながら。
まぁ、この引伸機をゲットして以来、モノクロだ。それまではKodakのE100VSって、これまた明度彩度がサイコーに高い、ついでに値段も高いリバーサルを使っていたんですがねぇ。最近はめっきり使わなくなってしまいましたねぇ。まぁ、リバーサルで撮った写真もそのうちご覧に入れよう。色味がえぐいぜ。下品だぜ。写真には人間性が出るもんだ。仕方ない、これもロックンロールだ。

さて、今日はうちの人が会社の友人と一緒に韓国旅行に行ってしまったので、俺は寂しい夜をプリントでもして過ごすことにするぜ。そうじゃないと寂しくて、キャバクラなんかにフラフラ出かけて、不要な散財をする羽目になるぜ。きっとキャバ嬢たちは税金なんかまともに払ってないんだ。経営者だって怪しいもんだぜ。日本の将来のためにならん。
とにかく、これは俺にとって、年に何度もないチャンスなんだ。俺はプリントするときには、周囲に人がいるとできない性分なんだ。自分の内面から湧き上がる記憶とイメージの渦に巻き込まれ、暗闇の中、ぼんやりとした赤い光に照らされた自分自身の妄想と欲望で、発狂しそうになりながらプリントしているのさ。こんな姿は、決して人にはお見せできない。鬼気迫るといえば、聞こえはいいがね、楽しい反面苦しい作業なのさ。そう、やっぱり舞台裏は見せないもんさ。
だから、こんなチャンスはなかなかない。ブログなんかのんびりやってる場合じゃない。人生は短いんだぜ。朝までがんがんやっちゃるぜ!なんせ、明日は仕事がOFFだからな。君たちは、お肌の健康のために眠るがいいさ。今夜の成果は、明日のブログでお見せしよう。出来たてホヤホヤだ。まさに産地直送だ。さぁ、どこの写真をプリントしようか?トルコか、大阪か、それともパリか?なんでも来いだぜ!
OK! あのくっさい薬品も作ってあるし、倒れるまでプリントしよう。寿司職人のように、身体に酢酸の臭いが染み込むのさ。こんな酢酸くさい男でも、君は受け入れてくれるだろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿