2011/01/29

Post #71 21st Century Nature Photgraph

しまった、ここ5日ほど昼夜となくフル稼働で働いていたにもかかわらず、毎日コンスタントに更新していたのに、久しぶりに家でくつろいで、ついねむってしまった。気がつきゃ、すでに日付変更線を越えてしまっているじゃないか。

う~む、今更そんなことを気にしても仕方がない。所詮は、地球上の俺の住むエリアが、人間が定めた概念上の一線を越えただけだ。だからどうしたってんだ?うろたえるなよ、俺。そうはいっても、今月は1日1更新という方針を、自分の中で立てていたんだけどね、実は。それを思うといささか残念ではあるが…、まぁ、いいか。気を取り直していってみよう。
HomeTown
俺が物心ついた時には、街こそ自分にとっての自然だった。
だから、こんなものが、俺にとっては自然写真であるともいえるだろう。
街を行きかう人々は、林道で姿をあらわす自然動物のようなものか。
はたまた、サバンナのガゼルの群れのようなものか?
Osaka
路地の奥のガラクタは、森の奥に見つけた動物の巣穴のようなものか?それともその足跡か?
俺にとっては、時折、そんな風にもカンジられる。
HomeTown
つまりは、21世紀の自然写真ってわけさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿