2011/01/03

Post #46 Fragment Of Fragments #6

Barcelona
俺はパイプを使ってタバコを吸ってるんだ。
前はジタンを吸ってたんだが、値上げ前に体調を崩して、やめたんだ。
でも、口が淋しいので、パイプでタバコを吸う習慣だけが残ったんだ。これを吸ってると、よく、あんたソレ大麻だろってからかわれるぜ。
去年の夏に、長年使ってきたロンソンのヴァラフレームっていう、クラッシックなガスライターを失くしてしまってから、長らく100円ライターだったんだ。男は小物にこだわるべきと信じている俺には、これは正直言って落ち着かないもんだぜ。わかるだろ?まったく以て落ち着かないんだ。それに100円ライターでパイプに火をつけると、しばしば右手の親指が焼けているんだ!焼肉みたいにな。危険極まりないぜ。指の皮が面の皮ほど厚いからよかったものの、そうじゃなかったら、今頃食べごろだぜ。君も酒のつまみにひとつどうだい?
そこで、年も改まったから、良い節目だってんで、パイプにお誂え向きのライターを買ってきたんだ。メタルでできたターボライターというより、むしろチャッカマンみたいなもんだ。ノズルが特徴的で、象が鼻を垂らしているみたいに湾曲しているんだ。パイプにつめたタバコの葉に火をつけるにはもってこいだ。気に入ったぜ。これさえあれば、俺の指が燃えたり焼けたりすることもないぜ。第一こんなけったいなものを持っている奴は、そうはいないだろう。これはまた、飲み屋の嬢や仲間内で大好評に違いないぜ。てことであっさり買っちまったんだが、なんてっこった、そいつがイマイチ調子が悪くって、明日にでも調整に出すべきかと、悩んでいるのさ。
やはりデザインと企画はイギリスでも、中国製ってところが問題だったんだろうか?モノづくりでは、やはり日本人やドイツ人の右に出るものはいないようだしな。中国が世界の工場っていっても、まだまだだって実感してるぜ。昔から、カメラみたいな精巧なものを作るのが得意な奴らは日本人かドイツ人だしな。車だってドイツ車や日本車は故障が少ないしな。
まぁ、そんなこと言っても仕方ないか。
面倒くさいが、6,000円くらいしたからな…放ってはおけないか。トホホ…。
Barcelona
しかし、明日はプリントしたかったんだがな。例のニューハーフ嬢の写真だ。早く君たちにお届けしたいんだよ!う~む、とりあえず明日、買った店に電話してみよう。それからだ、何事も。
また、出かけるんならついでに写真でも撮るとするかな。それも悪くないか?
何れにせよ、自分のヒキの強さにうんざりするぜ。
仕方ない、こうして人生のディテールが形成されていくんだろう。
しかし、まいったなぁ…、やんなっちゃうぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿