2011/01/22

Post #65 I Put A Spell On You

クタクタだ。体が鉛のようだ。切れの悪いヘビーメタルみたいだ。
仕方ない、昨日の朝から、今日の夕方まで、ほとんどずっと働いていたからな。体は悲鳴をあげてるぜ。まさにスクリームだ。スクリーミン・ジェイ・ホーキンスだ。I Put A Spell On You だ。まいったぜ。今日は昼くらいには終われる予定だったんだが、すっかりはまっちまった。おかげでクタクタだ。プライマル・スクリームってのもあったな。しかし、ここはあくまでスクリーミン・ジェイ・ホーキンスだ。懐かしいぜ。思い出すのも10年ぶりくらいだ。クタクタになると、思わぬものが記憶の海から浮上するもんだ。
Osaka
しかし、まんざら悪い事ばかりでもないんだぜ。
たった一人でも、大変な仕事に、自分のベストを尽くして取り組んで、手を動かして、頭を動かして、身体を動かしていると、余計なことを考えないんだ。頭の中は真っ白。無心だ。生まれたての赤ん坊のようにとまではいかないが、これはこれで爽快だ。睡眠不足、肉体疲労どんとこいだ。生きてる実感がふつふつと湧いてくるぜ。

たけはらさんよぉ、心配かけたな。Alright! OK! とりあえず、OKだ。長い人生の中にはいい時もあれば、落ち込むときもある。それをストレートに曝け出しちまうのも、これまた俺らしくはないかい?
昔懐かしいシショーセツなカンジだ。それもロックンロールなカンジだろ?違うかい?いずれにせよ心配かけたぜ。スマン。セブンイレブンでピーナツチョコ105円を買って貪り食って仕事したぜ。疲れた体には糖分が必要だからな。
Barcelona
けども、覚えておいてくれ、光が強ければ、影はより深く暗い。
そうだから、生まれながらにギラギラビカビカ輝く俺だからこそ、俺の中には、どーんと暗い闇もあるのさ。しばしばその暗い淵から、赤い目をした化け物が、現実世界を覗きに来るのさ。そんなカンジさ。昨日の俺は。

OK、今日はもうこの辺で。肉体はとっくに限界だ。また会おう。

0 件のコメント:

コメントを投稿