2011/01/14

Post #57 Photographica #1

今日は午後から男の仕事3連チャンだから、さっさとあっさり更新しておこう。
とはいえ、夜と違って日中はエモーショナルな高まりが少ないので、最近買った写真集を紹介しておこうかな。そう、ちょっと前に忙しくってアマゾンで買った写真集も見れないぜってぼやいてたあれだ。
ブログを投稿して、なんとなく寝つけずにアマゾンなんか見ていると、つい写真集を買ってしまうんだ。大抵中身は見れないから、これはある意味ギャンブルに近い。しかし、今回ゲットしたのは2冊ともあたりだった。
Osaka
一冊目はBOOGIEっていうセルビア出身で、ニューヨーク在住の写真家の“SÃO PAULO"って写真集だ。
何年か前に出版されているものなので、すでにご覧になっている方も多数いることだろう。日本でも個展も開かれているそうだしな。何をいまさらって言われるかもしれないけれど、俺はアサヒカメラとか日本カメラとか、一切読まないようにしているので、そういった情報には疎いんだ、スマン。
これは彼が2007年の6月のある一週間、サンパウロに滞在していた時に撮った写真で構成されている。
サンパウロに関しては、森山大道のサンパウロっていう写真集もあるけれど、森山大道がどことなくパッセンジャーめいた、なんとなくよそよそしい目線を感じさせるのに対して、同じようなストリートスナップでありながら、より生々しい感じが伝わってくるんだ。
スラムの荒涼とした風景、サッカーに熱狂する人々、浮浪者、夜の街で客を引く売春婦らしき女。貧しい人々、暴力的なオーラを放つ刺青の男。そして貧しさの中にふと垣間見える、神への信仰、etc…。
それらのシーケンスが、少しセピアがかったモノクロで淡々とドキュメントされている。ちいさな写真集だけれど、なかなか見ごたえがある。おなか一杯になるってもんだ。ストリート写真はこうでなければってカンジだ。他にもイスタンブールやNYを題材にした写真集も出ているようだから、おいおいゲットしてゆきたいぜ。俺も頑張って写真撮らないとね。いい刺激になるぜ。
Osaka
もう一冊は、昨日の夜届いたばかりだ。RANKINの“PAINTING PRETTY PICTURES" だ。これもジャケ買いだ。
これは、絵画(単色で刷毛をさっと引いたようなもので、ひょっとしたら画像処理して加えたものかもしれない)をバックにして、PRETTY というより、BEAUTY ってカンジのおねーさんたちのヌード写真集なんだ。もちろんスタジオ撮影だから、本来俺の嗜好からは正反対なんだが、イイだろう?俺はネーチャン・フォトグラファーって呼ばれているんだぜ。
写真にペインティングを施すのは、近年のアラーキーがよくよくやっているんだけれども、アラーキーの場合は、意図的にか無意識的にか写真を壊す、というか脱構築していく強力な力が働いているように感じられるのに対して、RANKINの場合は、決して美しい女性のヌードを損なうものではなく、むしろこれらの女性たちのリアルさを剥ぎ取って、どこか生身のない観念の世界の女性に見せるように働いているように思う。俺からするとRANKINの写真は、エロティックなんだけど、なんだかいつもエロティックを超えて、超現実的にかんじられるんだ。毛穴とか汗とか分泌物とかといったリアルな存在感を一切感じさせない、天女のような女性のヌード。それは明るい照明に照らされて、淫靡な影は微塵も感じられない。こんな女、俺だって写真に撮ってみたいぜ。とはいえ、きっとアプローチは全く違うだろうけどね。
昨日、届いたばかりのこの“PAINTING PRETTY PICTURES” を、早速開封して見ていたら、うちの連れ合いから『あんた、なんか嬉しそうにニヤニヤしてるね』って突っ込まれたぜ。まいったなぁ、これも人生だ。ロックンロールだ。
まぁそれも仕方ないだろ、俺も男だ、ネーチャン・フォトグラファーだ。いい女を見てにやにやしないような草食系なんかじゃない。なんでも食べる雑食系だ。写真だってなんだってね。

あぁ、また写真集に金を使ってしまった…。まったくもって、仕方ないなぁ…。

0 件のコメント:

コメントを投稿