2011/01/05

Post #48 Transgender #1

OK! 今日はちゃんと約束通りプリントしたぜ。皆の衆、お待たせしたぜ!
年が明けて、ドバドバ仕事のオファーが入ってくる前に、この写真をプリントしたくって、去年の暮れにフィルムを現像に出した時、年内中にあげてくれって無理を言って、年も押し迫った31日に引き取りに行ったんだ。店長のクリハラ君、いつも無理を言ってスマン。こんな俺を許してくれ!
とはいえ、今日ははや5日。そろそろ世間はごそごそと仕事をはじめだすころだ。仕事の電話もちょぼちょぼとかかってきた。暗室にこもっていると電話もすぐには出られないんだ。何せ、大抵露光している時に電話はかかってくるからね。電話がかかってきちゃ、停止液に突っ込むまでしてから、暗室から出て、電話をかけなおす。すると、コーヒーでも飲むかってなるんだよな。我慢すればいいんだけど…。そんなこんなで20枚くらいしか焼けなかったんだ。
しかも、東北や北海道に住んでいる人にしてみれば、ここらの寒さなんか知れているだろうが、寒さの厳しいこの季節、現像液の温度が下がって、ノリがいまいちだ。洗ってみると、ビミョーに現像ムラがあるじゃないか?まいったなぁ…。
しかし、しかしですよ、新年早々気落ちしていても仕方ない。巧くいく時もありゃ、ダメな時もある。それが人生だ、ロックンロールだ。ここは一丁、気を取り直していくぜ。
それでは、お送りしよう。名古屋のニューハーフ嬢だ!

HomeTown In The MidNight Hour
彼女?の名前は…、スマン、酔っ払ってて忘れた。面目無い。次に行く機会があったら、しっかりきいておくよ。名刺とかもらってね。
どうだい、君もニューハーフってきかなきゃ、そうだとは気が付かないだろう。まったく、その辺を歩いてるおねーちゃんと、まるっきり見た目変わんないぜ!長年ネーチャン・フォトグラファーをやってる俺が言うんだから、間違いない。これなら俺、一日連れて歩いてても、問題なしだぜ。
これからは写真を撮るときに、相手がニューハーフかどうか確かめたほうがいいな。声を聴いたらだいたいわかりそうなもんだ。けど、よく考えたら、写真には、ついてるか、ついてないか、もしくはかつてついていたか、なんてことは写らないから、気にする必要もないか?今まで通りにガンガン行きゃいいさ。君も女の子だと思って声をかけたら、実はニューハーフだったってことがないとは限らないぜ。楽しみだな。
しかし実際のところ、そういった人とお近づきになるチャンスってなかなかないからな、それはそれで、なかなかに面白い人生の展開かもしれないぜ。
まぁ、俺なら一向に差し支えないけどね。
写真も人生も、ひたすら来た球を打つ、来ない球は打てないって方針だからな。それもまた一興だぜ。
HomeTown
何と言っても、彼女?達の肉体的なモノにも興味はあるんだが、それ以上に俺は、彼女?達の心の中に興味があるのさ。いつも言うようにね。
人間はそれだけでひとつの完結したちいさな世界を持っているんだ。だから俺は、個々の人間を知ることは、この世界を知ることに、ダイレクトに繋がっていると思っているのさ。
一体全体、彼女?たちからは、この社会はどんなふうに見えているんだろう?
彼女たちには、酔っ払ってニューハーフにデレデレするおっさんたちは、どう見えているんだろうか?きっとフツーのキャバ嬢たちとは見え方が違うだろう。なんて言っても、元男性なんだからな。
どういう経緯で、今の姿になったんだろうか、とか、今日に至るまでに、どんな物語を生きてきたんだろうかとか、考え出せばキリがない。もちろん、これはニューハーフに限らず、どんな人間でも同じなんだが、やはり気になる。
しかし、彼女?たちもまた、こっちに関して興味があるのが、キャバ嬢同様、俺の財布の中身だけだとしたら、サミシー限りですなぁ~。
まぁ、いずれにせよ、もしも機会があったら、ぜひゆっくり話を聞いてみたいもんだぜ。酒じゃなくて、コーヒーでも飲みながらね。
もし、このブログを見ている人に、そんな人がいるのなら、君の声を聴かせて欲しいぜ。

OK! 明日もこのシリーズで引っ張ろうか?
それでは諸君、しばしの別れだ。また会おう。

0 件のコメント:

コメントを投稿