2011/01/07

Post #50 Transgender #3

まだ引っ張るのかと言われそうだが、生憎俺はかなりくどい。連れ合いからもいい加減うんざりされるくらいねちっこいんだ。
恩も仇も、ずっと忘れないぜ。もちろん君の事もね。
だから、もうイッパツいくぜ!
これでどうだ!
HomeTown In The MidNight Hour
以前働いていた会社にたまに来てくれていたアルバイトに、ニューハーフ志願の奴がいたんだ。
身長が180くらいあったんだけど、線の細い体つきだったな。いつも男の仕事というように、俺の仕事は何時だって肉体労働だ。おかげで中年太りやビール腹には無縁なんだが、彼は明らかに向いてない感じが漂っていた。
彼がニューハーフ志願って事はみんなが知ってる事で、日払いの賃金を貰うと,、せっせとホルモン注射をうちに行っていたらしい。なるほど、いくら単価が安いと言っても、そこはガテン系、コンビニなんかよりは割りがいいからな。彼が、自分にあまり向いていないと感じていても、そこそこ来る理由がわからなくもない。さすがにありゃ保険適応してないだろうからな。
そんな彼の事をみんな、好奇の目で見ていたぜ。例えば最近胸が膨らんできたとか、シャツの下にブラジャーが透けて見えたとか、そんな話しだ。みんな暇で、刺激に飢えているのさ。
俺はといえば、毎日現場をおさめるのに必死で、そんな興味本意の噂ばなしは聞き流していたんだ。それに、自分の主義として、人の趣味嗜好で笑いこけるのは、いかがなものかねぇ?自分が逆の立場だったら、いたたまれないぜ。
OK 、俺はこう見えて、リベラルなんだ。知ってたかい?この汚ねぇ社会で、俺たちが一番大切にしたいのは、各々の自由のはずだろ。なにも金持ちになるのだけが、夢や希望ってわけじゃ、ないだろう?彼の夢と努力を笑う資格は誰にもないのさ。
ある時の事だ。切羽詰まった現場で、彼が他のアルバイトと上手くコミュニケーションがとれなくて、もめていると聞いて、俺は現場の責任者として、様子を見に行った。
みると彼は明らかにやる気を喪失していたんだ。まぁ、仕方ねぇよな。自分の事を珍獣扱いする奴等のなかで働くのは、確かに苦痛だ。しかし、あくまで仕事なんだからな。それに自分の選んだ道がヘビーな道だと分かってんなら、ある程度は我慢もヒツヨーだろう。そうじゃないかい?

俺は彼に言ったんだ。『金貰ってやるからには、あくまで仕事なんだから、きちんと回りと折り合いをつけてやってもらわないと困るぜ』ってね。まぁ、内心は我ながら、正論ではあるが、酷な事いうぜとは思ってたんだが、なんせ現場は火の車。俺のケツには火がつく寸前だった。猫の手も借りたいくらいだ。彼にもきちんと仕事をこなして貰わないと困るんだ。そう、この社会はキビシーのさ。
すると彼はこう言ったんだ。『だって、あの人たちガサツなんですもの』
さすがの俺も、そのこたえにはまいったぜ。ずっこけたってカンジだ。俺は仕方なく、彼を別のポジションに転換したぜ。
HomeTown/Drankers  In The MidNight Hour
それから、彼はアルバイトに来なくなった。きっと、ホルモン注射がジワジワ効いてきて、胸と一緒に仕事や周囲との違和感も膨らんだんだろう。仕方のないことだ。
その後、彼の姿を見かけたって噂も聞いたし、一度、片側3車線もある大きな道の横断歩道も信号もないところを、ふらふらと渡っているのを、仕事帰りの車窓からチラリと見かけたこともある。しかし、会社を辞めた俺には、もうその後の彼の噂は届かない。

彼は今はどうしているだろうか?立派なニューハーフ嬢になって、どこかのクラブでチーママとかになっているんだろうか?もしそうなら、ささやかながらチップでもあげたいもんだぜ!

2 件のコメント:

  1. ちょっと遅くなったけど、あけましておめでとう。
    今年も期待してるぜ!

    返信削除
  2. 匿名さん、明けましておめでとう!
    そして、どうもありがとう!皆さんのご期待を、2割くらい上回るカンジで、頑張って行きたいぜ!鼻血が出るまで頑張るぜ!

    返信削除