2011/01/27

Post #70 WHY?

Tokyo
なんで写真なのか?
写真でなきゃならないのか?
まぁ、一言で言えば、世界の断片を集めて自分の夢の街を作ってみたいってのがあると思うんだ。とはいっても、そんな素敵な夢を見ている訳でもない。よい子の住んでるよい街は退屈極まる夢の町だからね。
出来ることなら、無造作に箱に手を突っ込んで、掴んだものをテキトウに並べて出来た絵画のような、そんな夢の町が出来るといい。
それぞれに全く異なる極端なイメージばかり、ランダムに並べたような。しかし、並べてみると、それらの異質なモノ同士が、全体として世界の多様性を描き出すよーな、そんな写真=世界の断片を撮りたいもんだぜ。
一口に写真を撮るといっても、その動機は様々だろう。昨日も言ってた記録として写真を撮るってのも、あるだろう。そうさ、誰の写真だって、いつかは残らず遺影になって行くんだからな。ゾッとするけど、ホントの事さ。
一方で、自分自身が思い描くイメージを具現化して写真に撮りたいというタイプもいるだろうさ。
あるいは、写真を撮る事自体がコミュニケーションの手段だって向きもいるんだろうな。
俺は、あくまで、写真を通じてこの現実の世界を把握したいってカンジだろうか?
それは写真でなけりゃいけない訳ではないんだけれど、俺にはやはり写真しか思い付かない。それに俺は、写真なら、撮った瞬間だけでなく、写真を選ぶ時も、プリントする時も、そして写真そのものを見る時も、その瞬間の世界を再体験する事が出来ると感じているんだ。
写真を撮る事で、この世界に自分の爪跡を遺したい。
写真を撮る事を通じて、この世界の断片=フラグメントを自分の中に刻み付けたい。
そうして、自分自身が世界の他者ではなく、世界そのものの構成要素=エレメントであり、もっと言うなら世界そのもののだと感じてみたい。
世界そのものになれたなら、俺の肉体形象が滅び去っても、世界そのものがあるかぎり、ある意味で俺は不滅だろう。
あぁ、ヤバい。この辺のビミョーなカンジはなかなか言葉では言い現せないな。俺の頭の中ではかなりいっちゃってるアクロバティクな論理の飛躍跳躍バク転バク宙がおこっているんだけど、それを言葉にすると大麻かドラッグをキメたバカ野郎ののタワ言にしか聞こえない。さすが、既に高校生の頃、一を聞いて十を知るが、2から9が全く抜けていると担任の光岡センセーに評された俺だ。
まいったなぁ…。
とにかく、俺が写真をやめられないのは、そんな訳さ。
じゃ、また会おう。

0 件のコメント:

コメントを投稿