2011/02/14

Post #91 Meet The New Boss, Same As The Old Boss

エジプトでは、ムバラク大統領が辞任し、逃走した。民衆は自由を手にしたと喜んでいる。しばらく前に大統領が国を追われたチュニジアでは、未だに混乱が治まらず、多くの難民が地中海の対岸に位置するイタリアに、流れ着いているという。エルバラダイ氏には、頑張ってもらいたいね。あと、TVでおなじみのザヒ博士にもね。
イラクやアフガニスタンのように、状況が安定するまで何年もかかってしまうことの無いように祈るしかないのさ。
Paris
う~む、俺がどうこう言ったところで、世界は屁とも思わないだろうが、諸君、どうだろうか、古い権力者が去ったからって、楽観は出来ないぜ。もっとひどい奴が権力者の座におさまっちまうことだってあり得るんだからな。アメリカの無頼派作家ブコウスキーは『世界には2種類の政府しかない。悪い政府と、もっと悪い政府だ』なんて言ってたぜ。かく言う俺たちだって、つい最近、歴史的ともいうべき政権交代があったはずなんだが、一体何が変わったんだ?相も変わらず、国民は鍋の中の蛙のようにじわじわと苦しめられているというのに、民主党も迷走、野党に下野した自民党も、自分たちの旧悪には知らん顔して、揚げ足取りばかりだ。
いずれにせよ、軍隊が政府とは別の意思決定権を持っている国では事態は激しく動く。しかし、シビリアンコントロールの効いた老舗の民主国家では、議会民主主義だからな、やれ賛成だ、いや反対だって、議論にもならんような学級会みたいな議論ばかりで、何にも変わりはしないんだ。もっと言えば、政治家が変わっても、政策を作っているのは官僚だからな。奴らを叩きなおさないことには、どうにもこうにもなりゃしないさ。
まったく、バレンタインデーだなんて、浮かれた気分にはなれないぜ。もっとも、こんな俺には誰もチョコなんか送ってくれないから、そもそも最初っから関係ないけどね。

まぁ、俺にはこんなことは最初から分かっていたのさ。俺はロックンロールしか信じてないからな。The Whoも歌ってるぜ、『新しいボスに会ってみな、古いボスとおんなじだぜ!』ってね。それはこんな歌なんだ。OK、例によって行ってみよう!

WON'T GET FOOLED AGAIN

We'll be fighting in the street
With our children at our feet
And the morals that we worshipped
Will be gone
And the men who spurred us on
Will sit in judgiment of all wrong
They decide and the shotgun sing a song

I'll tip my hat to the new constitution
Take a bow for the New revolution
Smile and grin at the change all around
Pick up my guitar and play
Just like yesterday
Then I'll get on my knees and pray
We don't get foold again

The change it had to come
We knew it all along
We were liberated from the poor, that's all
And the world looks just the same
And history ain't changed
'Cause the manners, they were born in the last war

(Snip)

Don't get fooled again, No, No
Meet the new boss
Same as the old boss
             THE WHO  "Won't Get Fooled Again" from WHO'S NEXT 1971
Paris
『無法の世界』
ストリートで戦いを繰り広げるんだ
子供たちを足元に従えて
奴らがあがめてきたモラルは消えてなくなる
俺たちを追い立てる連中は
どうしようもなく見当違いをしてるのさ
奴らの決断でショットガンが歌いだす

新しい社会に敬意を表して
新たな革命に挨拶しよう
変わりゆく世界を見てニンマリするんだ
ギターを手に取り演奏(=プレイ)しよう
まるで昨日のようにね
そして、ひざまずいて祈る(=プレイ)のさ
もう二度と騙されるものか

変革は訪れなければならなかった
それはいつでもわかっていたのさ
俺たちは悲惨そのものな有様から自由になったんだが
見たところ世界は今まで通りだし、
歴史が書き換えられるわけでもない
そんな流儀は、この前の戦争で生まれたからだ

(中略)

もう二度と騙されるもんか!
新しいボスに会うがいい
結局 前のボスとおんなじさ!

チュニジアやエジプトの人々が、そんな落胆を抱くことが無いように、祈りたいぜ。どこかの島国の政権交代みたいに、新しいボスも、古いボスとまるでそっくりおんなじだったなんて、笑い話にもならないからな。二度と騙されるもんか!そう思いつつ、俺たちはいつも間違った選択をしてきたんだ、きっと。それが俺たちの住む、この素敵な国、日本だ。チキショー!

0 件のコメント:

コメントを投稿