2011/03/19

Post #125 女たちへのエレジー

今日は朝の9時から翌朝の6時まで仕事なんだ。
俺の仕事はきついときはキツイ。それが男の仕事だ。しかし、俺の経験では、どんな先の見えない仕事でも終わらない仕事はない。俺はいつもそうやって自分に言い聞かせている。
どんな困難な状況も、何時までも続くことはないってことだ。今困難な状況に置かれている人たちに、一日も早く『あんときゃ、ホント大変だったなぁ』って、微笑みながら言えるような日が来ることを祈らずにはいられない。まったくだ。もう一度言おう。今、困難に直面している人たちに、笑顔が戻る日を俺は心から待っている。時間がかかるのは当然だろう。しかし、そんな日が来ることを信じていこう。信じるってことは、スゲー力があるんだぜ。

Osaka
女をモノのように扱う男がいる。俺はそういう手合いは好きではない。友人になりたいとも思わない。女を自らの快楽の道具としてとらえている奴なんて、好きになれないし、一緒に飲みに行ったりしたくない。絶対にね。

しかし、モノの女の場合は、どうなんだろうな?

俺は、やっぱりいくらモノでも、女の形をしたものは、邪険には扱えないな。不幸な女の魂が宿っているかもしれないじゃないか。
俺はキューブリックの映画『時計仕掛けのオレンジ』に出てきた、ミルクバーの店内を思い出したぜ。その店ではミルクは店に置かれた女のマネキンの胸から飛び出し、机の代わりに、四つん這いになった女のマネキンみたいなのが使われていたように記憶している。

女をモノとして扱ってはいけないぜ。ましてや、暴力だなんて。もし、そんなふうに君のまわりの女性に憤ることがあっても、そこはぐっとこらえていこう。それが男だ。せめて、モノにあたっておくぐらいにしておこうぜ。それでも女性は充分怖がっちまうんだけどな。

別に、俺の生活に何か事件が起こった訳じゃない。ただ、この写真を見てて、なんとなくそう思っただけさ。
ああ、そうそう3月8日は国際女性デーだったんだって。そんな結構な日があるなんて、俺は知らなかったぜ。
諸君、また会おう。暑さ寒さも彼岸までだ。良い連休を過ごしてくれ。俺は仕事だ。そして、被災地で大変な思いをしてる人たちの事を想って、あまり羽目を外し過ぎないようにしてくれないか。そうだ、梅の花でも見に行くといいだろう。今頃、パリではミモザの花も咲いているだろう。なんてね。

0 件のコメント:

コメントを投稿