2011/03/20

Post #126 イイ顔してる男たち

朝の4時過ぎまで働いて、家に帰って目覚めると11時だった。うかうかしてはいられない。今日も夜には男の仕事が待っているし、13時にはお客さんのところに行って打ち合わせなんだ。
3連休だろうが、日曜日だろうが、俺にはカンケーねぇってカンジだ。被災地の皆さんにはモーシワケ無いが、人生とはこんなもんだ。俺も生きてくのに精いっぱいなのさ。
コーヒーを飲みながらさっさと新聞に目を通し、TVをつける。やはり気になるのは震災関連だ。原発関連だ。
東京消防庁のハイパーレスキュー隊のおやっさんたちが記者会見していたぜ。とても疲れ切った顔をしているが、やりきった感のあるイイ顔だ。仕事は違うが、現場の人間は違うぜ、やはり。
同じ記者会見でも、なにが起こっているのかさっぱりわからない東京電力の記者会見とは大違いだ。しっかりと地に足がついている。俺達なんかよりもはるかに詳しく放射線の危険を知ったうえで、その恐怖を抑え込んで困難な仕事をぶちかましてきたぜっていう男の誇りが、そのシブい顔に顕れている。まったくイイ顔してるぜ。
現場の男ってのはいいもんだなって、改めて思ったぜ。今、一番やりたいことはって訊かれて『ぐっすり寝たい』なんて言ってたけれど、そこがまたイイね。キョーカンするぜ。
ありがとう、東京消防庁のおやっさん。お宅の知事は日本で最も暴言を吐きまくり、人々をげんなりさせるクソ野郎だけど、あんたたちはサイコーだぜ。
やっぱり、消防士ってのは凄いもんだな。アメリカの作家カート・ヴォネガットも傑作小説『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』の中で、消防士ほど、危険を顧みず献身的に振る舞える人間はいないって絶賛していたぜ。主人公のローズウォーター氏も有志消防団の副団長だって設定だった。ありゃホントだったってことだ。そういえば、9.11の時も、大活躍し、そして犠牲になった消防士がたくさんいたっけな。
最近、イイ顔してるおやっさんを見る機会がめっきり少なくなったんで、今日は少し嬉しかったぜ。
今日はこんなところで。写真はグランバザールの男たち第2弾ってカンジでいこうか。
Istanbul,Turk
では諸君、失礼する。ふふふ‥・、俺はこう見えて結構イソガシー男なんだ。俺もぐっすり眠りたいぜ。
明日か明後日、また会おうぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿