2011/03/21

Post #127 春の雨が降る

昨日の夜の仕事はすっかり当てが外れた。朝までみっちりかかると思っていたんだが、あっさりと3時ゴロに終わってしまった。まいったな。今日に限って朝までコースを確信して電車で来ていたのに。始発まで3時間近くあるじゃないか。しかも外は雨。これが大阪なんかだと朝の5時までやってるガールズバーとかに行ってしまい、二度と逢わない女の子と、どーでもいいような話をして、せっかく稼いだ金をどぶに捨ててしまうことになるんだがな…。幸いだ。どっちにしても雨に打たれた作業服姿でそんな店には行けやしないな。そういや腹が減ってきたぜ。吉野家にでも行って並とみそ汁でも胃袋にぶち込もう。うう、満足だ。胃袋はサティスファクションだ。出来ればもう少しだけツユが多いほうが良かったが。何事もおつゆが多いのが好みなのさ。しかし、吉野家じゃ朝まで暇はつぶせないな。マンガ喫茶でも行ってみるか。
この雨の中、俺は2件のマンガ喫茶で満席を理由に断られ、三件目でやっと腰を落ち着けることができた。ナルトの50巻から先を読まねば。始発までにね。そんなことしてないで、眠ったほうがイイんじゃないのって言われそうだが、ひとたび寝ちまったら目覚めることはムツカシー俺なのさ。

2時間ほどかけナルトの最新刊まで読み倒した。そういえば、何年か前にも、夜勤が早く終わって電車が動くまでの間、マンガ喫茶でナルトを一巻から読んだことがあった。その時は気が付いたら10時を回ってしまっていたんだ。恐るべしナルト。俺の好みは、ナルトの師匠・自来也センセーだ。あんなオヤジになりたいんだがな。しかし今回は、長年の蓄積の結果ノルマは四冊だ。楽ショーだ。ちょーどイイぜ。
俺はナルトが死んだ母に会うくだりで、ちょいとジーンと来てしまった。不覚だぜ。

俺は、始発電車で家路を急いだ。図面や資料の入ったカバン、高価なので現場に置きっぱなしにできない道具なんかを肩から下げて、最寄りの駅から歩いて帰ったんだ。細かい雨の中。あたりはまだ薄暗い。天気が悪いからだ。白い木蓮の鼻が咲いていた。
あんな大災害があっても、自分の身に何が起こっても、季節はそ知らぬ顔で巡ってくるもんだな。当たり前か。
Osaka
ここ10年くらい、春や秋にはなんだか憂鬱になる。過ごしやすくて、世間の皆様が好む季節にも関わらず、心楽しまないのさ。その春がまた巡ってくる。
何が憂鬱ってわけじゃないけど、なにかサビシー気分になるんだ。
やはり俺には、極端な季節が、汗まみれで太陽にじりじり照らされる真夏や、キーンと音の聴こえてきそうに空気の張り詰める真冬が向いている。
もう少しすると、桜の下で、花見と称して花も見ないで、酒を飲んで大騒ぎってのがどこでも見られるようになるだろう。あれがまた、ユーウツだ。普段真面目くさった野郎が、酒に飲まれて大騒ぎってのが気にいらねぇ。
俺は素面でも酔っ払ってんじゃないのってくらいテンションが高いって、周囲から煙たがられるが、こう見えて心の中には大小さまざまなブルースが渦巻いているのさ。それに今年はこの有様だ。羽目を外さないようにしなければな。

それでは失礼するぜ。今日もこれから男の仕事だ。今日は仕方ない、車で行くとするか。読みたいマンガもそれほどないしな。明日か明後日、また君が遊びに来てくれるのを待っているぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿