2011/03/16

Post #122 Nightmare

何年も前に見て、忘れられない夢がある。
俺は、もうすでに何年も前にオヤジの借金のかたにとられてしまった実家の台所にいたんだ。そして、食卓の向こうには、俺が中学生の時に死んでしまったはずのオフクロがいたんだぜ。俺は、夢の中でもオフクロがとっくに死んじまってることを明確に理解していたから、懐かしさなんかよりも、不気味さが感じられた。これは、死の世界の話しなんだと。
Izmir,Turk
オフクロは俺に、自分が作った飯を食うように言うんだ。俺はぎょっとなった。古今東西、死の世界の食物を食べることは、死の世界の住人となることを意味しているからな。イザナギ、イザナミの話しはその代表例だ。俺は、箸に手を付けるのをためらった。俺のオフクロは気性の激しい女で、癌で死ぬ直前まで、俺の頭をスリッパで張り飛ばしていたような人だった。それが、優しい顔で、俺に食事を勧めるのだ。
ヤバい。これを喰ったら俺はもう目覚めることなく死ぬんだなと思ったぜ。

俺は、オフクロとそして食卓に並んだ料理から目を背けるように窓の外を見た。そこには、俺を震え上がらせるような恐ろしい光景が広がっていたんだ。

外はもう夜だった。街の灯りが遠くまで見えた。俺の家は平野の一角だったから、そんな遠くまで見えるはずがないんだが、夢の中では俺の家は小高い丘の上にあり、遠くの街の灯りが視界いっぱいに広がっているのが見えていたんだ。
しかし、その灯りが地平線のほうから順に、真っ黒な闇それも、質量をもった、粘度の高い真っ黒な闇に、次々と飲み込まれていったんだ。

俺は、世界が終る時が来ちまったと思ったんだ。俺は、オフクロを見た。オフクロは静かに笑っていた。もう死んでいる人間にとって、世界の終りが何の意味があるのか?とでもいうように。
こうして俺は、汗まみれになって目を覚ました。恐怖のあまり、鼓動は高鳴り、荒い息を吐いていた。
俺は、この夢の恐ろしい光景が何を意味するのかさっぱり分からなかった。俺がイメージできたのは風の谷のナウシカに出てきた『大海嘯』だ。例の腐海が暴走して、胞子をまき散らしながら、人間が住む世界を飲みこんでゆくというあれだ。
けれど、今回の地震とそれに伴う津波の映像を見て、あれが何だったのか、はっきり分かった。
『津波』だったんだ、きっと。
真っ黒な濁流が、水平線から一斉に迫ってきて、人間の世界を、自然から見たらちゃちな世界を、ぶっ壊しながら飲み込んでいってしまうあの大津波だ。
こんなことが現実に起こるなんて…。未だに心の整理がつかないが、日常の生活は淡々と進んでいく。それがまた、後ろめたく、心苦しいのだ。
被災地で、自らも被災しながらも病人を看護する人や、妻や息子夫婦そして孫までも失いながらも、消防団長として住民を守る人、そんな普段は目立たないが気高い心を持った人々を見ては、思わず涙がこぼれちまうぜ。俺は、人間が出来得る最も尊いことは自己犠牲だと思ってるんだ。宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』の主人公、グスコーブドリや、鉄腕アトムの最終話で、アトムが異常活動を始めた太陽を正常に戻すために、太陽に突っ込んでいったみたいにね。まぁ、それは極端な例かもしれないのは十分承知しているが、とにかく自らも不安を抱え、、悲しみを背負い、苦しみながらも、周囲のために尽くしている、人々の素晴らしさに、言葉もないほどだ。人間、まだまだ捨てたもんじゃないぜ。
Efes,Truk

出来ることなら、ニッポンのお偉いさんたちにもそんな気高い姿を見せてもらいたいもんだが、自分たちが寄付をしたりする前に、復興のための増税を検討すべきだとか、火事場泥棒みたいな事をいう勘違い野郎や、これは天罰だといってみては、一晩たって発言を撤回するような馬鹿野郎ばかりが目立つ。悲しいことだぜ。俺達はいつも間違った奴らを選ぶんだ。
外国人が、炊き出しをしてくれている。宗教も肌の色も違うその外国人は、流暢な日本語で、『皆、同じ人間でしょう』と語り、当然のことをしているんだって、スゴクいい顔をして語っていたぜ。日頃、ぎすぎすしてる国も含めて、世界中から援助の手が差し伸べられている。文化や宗教や、肌の色なんかで、人間は何も変わりはしないんだって感じるぜ。
被災地から遠く離れた俺達庶民は、今のところ募金ぐらいしかしてあげられない。せめて、困難な状況の中で救援活動を繰り広げる警察や消防、自衛隊や被災地の公務員の皆さんを応援したいぜ。、そして何より、よいことが起きるように、ただ祈るだけしかできないんだ。
今日も大学生たちが、ぶり返した寒さの中で声をからして募金を訴えていた。俺は迷わず募金させてもらったぜ。何もしてあげられないが、せめて自分の小遣いを若者たちに託してみるのもいいだろう。
避難している人たちに、一刻も早く温かい食物と、暖を取る燃料と、清潔で暖かな衣服と、医療などの支援が、そして生活を再建するのに必要なあらゆるものが届けられることを祈るばかりだ。
いつか見た悪夢のような出来事は、もう起ってしまった。けれど、そのあとに起こることまで、悪夢のような出来事にはなってほしくない。
俺みたいな男が言うのもなんだけれど、出来ることなら、被災地の人々の、それを支えようとするその他の地域の人々の、温かさ、強さ、気高さを見ることが出来ればと思ってやまないぜ。
今は被害を免れた自分たちまで、パニックになったり、買い占めたりするような、あさましい無様な姿は決して晒せないのさ。
読者諸君、今日はこれくらいにしておこうぜ。心配なことはたくさんある。けれど、それに押しつぶされちまってはいけないぜ。心が押しつぶされちまったら、なにもいい方向にはいかないもんだぜ。明日か明後日、また会おうぜ。

2 件のコメント:

  1. sparksさん、ありがとう。
    sparksさんの言っていることは
    きっと多くの人に通じていると思います。
    そして、行動していると思います。

    返信削除
  2. いや、自分など、恥ずかしながら日々の生計の雑事に忙殺されているだけのしょーもない男です。ホントに申し訳なく思います。
    しかしながら、落ち着いて、被災者の方に恥ずかしい振る舞いだけはしたくありません。不安な事は盛りだくさんですが、人間はきっと乗り越えていけると信じています。お互いに地に足をつけて生活していきましょう。

    返信削除