2011/04/27

Post #166 たまには写真やカメラについて話そうかな#5

今日は、凄い雨だ。風も激しー。そんな中、俺は現場調査のために高速に乗って、片道100キロくらいの道のりを往復してきた。しかも、今夜は仕事が待っている。小忙しーぜ、まったく。
まぁ、明日は月末だから振込なんかして、あとはゆっくりじっくりとプリントでもさせてもらうか。
それを楽しみに、今日を乗りきらせて頂こう。とはいえ、こんな嵐の中、仕事の材料を積み込んだりするのは、すこぶる億劫なんだがな。何とかならないもんかね・・・。
というわけで、本日はブログに現実逃避だ。しかも、昨日の予告、勝手に金子光晴週間その2は、ちょいと気分じゃないので、今日はやめる。
久々に、カメラについて話してみましょうかね。なんだか、カメラの話しをするとジミに人気があるようなのでね。

コンタックス一族を愛する俺が、何時かは欲しいと思っていたカメラに、ホロゴンウルトラワイドがある。今は亡き、カール・ツァイスの天才設計者エアハルト・グラツェル博士とハンス・シュルッツ博士の設計したホロゴン15ミリf8(3群3枚、画角110度)が、名機コンタレックスのボディーにめり込むように搭載されていた広角専用機だ。1968年登場なのだが、当時としては焦点距離15ミリ、画角110度は驚異的な数字だったろう。それが例え、固定焦点、絞りf8固定でもね。
ホロゴン、つまりラテン語で、全ての角度を意味する、ほとんど球形に大きく湾曲したレンズが、一眼レフカメラ、コンタレックスの異様に質感のある重たいボディーに固定装着され、ペンタプリズムの代わりに軍艦部には、大きなモニターのような美しいビューファインダーが、これまた固定装着。そのまま普通に手持ちで撮影すると、画面に指が写り込んでしまうので、専用のピストルグリップが標準装備され、なおかつ周辺光量の低下を補うために、専用のグラデーションフィルターがついていた。このフィルターを使うと、F値は実際にはf16になってしまうので、暗い室内なんかでは、結構撮影が厳しいカメラだっただろう。
人間の欲望ちゅうもんは、限りがない。欲しかった。しかし、時は中古カメラバブル真っ盛り。時折見かけるホロゴンは、ヨユーで100万円オーバーだった。買える訳ないよな。今でも70万くらいはするんじゃないだろうか。

その当時、すでに京セラのコンタックスG2専用レンズで、ホロゴン16㎜ f8が出ているのは知っていた。これは元祖ホロゴンをG2のボディーに搭載するために、焦点距離を1ミリ長くし、その代り焦点距離を調整できるようにヘリコイドリングを設けた逸品だった。しかし、これも定価が30万くらいする超高級なレンズだった。

ある時のことだ。行きつけのカメラ屋に行くと、このホロゴン16㎜が16万円というお手頃価格で売っていたんだ。しかも、中古じゃない。新品だ。そのお値段で購入するためには、購入後に作例を撮影し、レポートを提出しなけりゃならないっていう、京セラのキャンペーンだったようなんだが、今思えば、その数年後にカメラ事業から撤退するための布石だったのかもしれない。

俺は買ったよ、ホロゴン16㎜。銀行で金を降ろして、いや連れ合いに借金したんだったっけか?しかも、ホロゴンを使うために絶対必要なカメラのボディー、つまりコンタックスG1もG2も持っていないのに買ったぜ。あほだ。俺はしばらくの間、ホロゴンを部屋の照明の灯りに透かして眺めたり、これまた傑作の水準器内臓の専用ビューファインダーで、部屋のベランダからの風景を眺めたりして過ごしたもんだ。これはこれで、なかなかに楽しい写真の楽しみ方ではあったな。

それからしばらくしてからだ、G2を買ったのは。45ミリの標準レンズ、プラナーが付いた中古だったかな。勢いというものは、恐ろしーもので、あれよあれよという間に、というか金が入るたびに、コンタックスGシリーズ用のレンズが増えていった。最終的には、ズームレンズのバリオゾナー以外はすぐにそろってしまった。
そのラインナップを紹介しておこう。

CONTAX Gシリーズレンズ、たまんねぇ
Hologon T*16mm F8
Biogon T*21mm F2.8
Biogon T*28mm F2.8
Planar T*35mm F2
Planar T*45mm F2
Sonnar T*90mm F2.8

ビオゴン21mmはかつてツァイスが開発した、Biogon 21mm F4.5の現代版リニューアルという位置づけだが、これが驚異の解像度。そして、歪曲収差の少なさ。フランジバックが長いので、一眼レフには使用できないので、レンジファインダーコンタックスが無くなってから、長らくハッセル・スーパーワイドくらいにしか使用されていなかった玉なんですが。たまらんですよ。専用のビューファインダーもなかなか見え具合よし。
俺はG2を使う時には、大抵この21㎜のビオゴンか16㎜のホロゴンを使ってます。
28㎜のビオゴンも実にシャープな広角レンズ。
35㎜のプラナー、実はあんまり使わないんですが、結構やわらかい描写、背刊ではぼやーと撮れるという評価らしいです。どうしても35㎜はメインで使ってるCONTAX T3のゾナーを使っちまうんだよな。
45㎜のプラナーは、はっきりくっきり、シャープでクリアな描写。
90㎜のゾナーも、あんまり使わないんですがね、世間的にはライカのエルマリートに比べても、断然シャープで、高い解像度を持ちつつコクがあるという評価がされとります。
まぁ、レンズの評価なんて、コクだのキレだのまるでビールの味みたいになっちまいます。一番いいのは、Gシリーズのボディーもレンズも、ホロゴンやビオゴン21㎜以外は、実にお手軽価格で入手可能ですので、興味のある方は、現金を持って近所の中古カメラ屋さんに走ってくれ。どうせ買うんなら、G1よりも、G2だ。その理由もこの後、説明しよう。現金がなければ、カードで買ってもいいじゃない。まるで、マリーアントワネットのような、口ぶりだが、結局、こんなもんは自分で使って納得したり、びっくりしたりするのが楽しーんであって、人がとやかく言ったことを鵜呑みにしているだけではいけない。
しかし、ほんの20年ほど前までは真剣にレンズのビミョーな味わいが追及されていたことが、デジカメ全盛の昨今からは懐かしいような悲しいような、複雑な気分になりますばい。はぁー、さみしかねぇ。

CONTAX G2  Biogon T* 21㎜F2.8
そして、これらの銘玉(しかも、とてもリーズナブル、これ大事なポイント)のプラットホームたるG2も、なかなか侮りがたいカメラなんだよね。1994年発売のG1、そして96年発売のG2。これは、世界で唯一の、AFレンジファインダーカメラなんだぜ。もちろん、巻き上げもオート。レンズを交換すれば、外付けファインダー使用の16㎜と21㎜以外は、ファインダー倍率が自動で切り替わるんだ。ブライトフレームのライカと異なって、コンタックスは昔からこう!ってカンジで、画角に応じた画面の外はすっぱりと黒く裁ち落されている。これがまぁ、コンタックスだな。
AFの精度は、後発改良機のG2のほうがはるかに優れている。だから、21㎜や16㎜をつけて、ビューファインダーを覗いたままシャッターをガンガン切っても、何の問題も無しだ。4個ものマイクロモーターを搭載したボディーが、自動でレンズを繰り出し、シャッターをきり、フィルムを巻き上げてくれる。
こんなレンジファインダーカメラは、他にないぜ。
しかもG2には、往年のコンタックスファンを狂喜させたサイコーのギミック付きだ。以前に紹介したツァイスイコンのContaxシリーズは、右手の人差し指がかかるボディーの隅に、ピント調整用のギアがついていて、これを指でコロコロ回せば、ギアの回転がレンズの繰り出し機構に連動し、ピントが調節がされるという優れものだったんだ。これの何がイイかって?そりゃ、シャッターボタンのすぐそばでピント調節が出来りゃ、スナップ時の速写性は向上するし、左手はカメラのホールドに専念できるという訳だ。
このG2にもマニュアルモードがついているんだけど、これが往年のContaxのようにボディーの正面の右手人差し指あたりに同様の機能のダイヤルがついているわけだ。そして、撮影時には、ファインダーを覗きながら、液晶表示された指標に合うまでダイヤルを回してピントを合わせるんだ。
まぁ、ホロゴンを使う際には、AF連動していないので、これはMFに切り替えたうえで、カメラのヘリコイドを回すことになるんだけどな。

そして、シャンパンゴールドに輝くチタンボディー。たまらん、物欲を刺激するとはこういうこった。
さらにサイコーに感覚に訴えてくるのは、シャッター音だ。シュピィーンッ!ってカンジノシャープな音だ。連写にするとこれが、シュピシュピシュピーンッ!だ。乾いた、メカニカルな軽快な音。これは病み付きになる。久しぶりに聴こうと思ったら、何ということだ、電池切れだ。ウンともスンとも言わないぜ。まいったなぁ…。まぁ、仕方ない。これが人生だ、ロックンロールだ。
ちなみにこのG2の電池だが一台当たり、CR2が2本必要だ。なかなか大飯くらいなカメラだ。シャープなボディーに、ずば抜けた能力、そして大飯食らい。ふふふ…、まるで俺のようなカメラだぜ。

出来ることなら、俺の人生、また物欲で腸がよじれちまうようなカメラに出会いたいもんだぜ。読者諸君、また会おうぜ。

さて、今夜も出撃タイムだ。明日こそはプリントするぜ。待ってろよ!

1 件のコメント:

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除