2011/04/01

Post #138 春眠不覚暁

忙しいいそがしーなどとほざいている間に、気が付けば4月になってしまった。早いもんだ。光の速さで時間が動いているようにも感じる。
今日は目が覚めたらもう昼前だ。俺の一日が半日になってしまったが、たまにはこんな日があっても悪くなかろう。うむ、弓だって、ギターの弦だって、あんまりにもテンションが高いとプツリといっちまうからな。
俺の知り合いでも、昼夜なくバリバリ働き続けた挙げ句、現場で脳卒中で倒れ、半身不随になってしまった人もいた。風俗街のど真ん中の病院にお見舞いに行ったら、涙ながらに、病院の隣のソープに連れていってくれと廻らぬ舌で哀願され、丁重にお断りしたもんだ。作ってる訳じゃないさ、ホントの話だ。
だから、だらだら出来る時は極力抜かないとな。なぁに、こちとらサラリーマンじゃないんだ。好きにやらせてもらうぜ。とは言うものの、ゆっくり出来るのは、実に3週間ぶりだ。走り続けて来たのさ。
そこで、今日は現場を見に行くついでに、トライXを30本買って来たぜ。俺の弾丸だ。
帰り道、桜の並ぶ堤防道路をゆったりと車で流して帰ってきた。夕日もいつのまにか春の色合いだ。こんな時でも、春はやってくるもんだ。

ふふふ…、たまには、こんなのもいいだろ?一般的でしかも和むぜ。

諸君、また会おう。今日は一日ボンヤリしてるのさ。特に言うべき事もないってカンジだ。すまないな。

0 件のコメント:

コメントを投稿