2011/04/26

Post #165 勝手に金子光晴週間 その1

Oh Yeah!今日の夜も仕事だからって、太陽が天中に差し掛かるまで、惰眠を貪って、挙句の果てには眠り過ぎて頭が痛いくらいだ。まったくのダメ人間じゃないか、これじゃ。仕方ない。国内時差ボケ商売だからな。仕事がなくても最近は明け方まで寝付けないんだ。困ったなぁ。

Osaka
今朝の明け方にさすらいびとさんからコメントをもらったぜ。さすらいびとさん、ハートウォーミングなコメントありがとう。さすらいびとさんのコメントを読んで、コメントを返していたら、無性にこの詩が紹介したくなったぜ。そう、他でもない親愛なる読者諸君にだ。
お届けしよう、ニッポンのユーメイな詩人にしてエロじじい金子光晴、1917年22歳の若き魂のシャウト、『反対』だ!

僕は少年の頃
学校に反対だつた。
僕は、いままた
働くことに反対だ。

僕は第一、健康とか
正義とかが大きらひなのだ。
健康で正しいほど
人間を無情にするものはない。

むろん、やまと魂は反対だ。
義理人情もへどが出る。
いつの政府にも反対であり、
文壇画壇にも尻をむけてゐる。

なにしに生まれてきたと問はるれば、
躊躇なく答へよう。反対しにと。
僕は、東にゐるときは、
西に行きたいと思ひ、

きものは左前、靴は右左、
袴はうしろ前、馬には尻をむいて乗る。
人のいやがるものこそ、僕の好物。
とりわけ嫌ひは、気の揃ふといふことだ。

僕は信じる。反対こそ、人生で
唯一つ立派なことだと。
反対こそ、生きてることだ。
反対こそ、じぶんをつかむことだ。

(金子光晴『反対』 岩波文庫 金子光晴詩集より)

う~む、まるでロックンロールだ。時代が時代なら、彼はロックンローラーだったろう。内田裕也なんか目じゃないぜ。すぐに、団結したがるこの日本では、黙っていてもお互いに通じ合っているような気になっているこの日本では、主張すればすぐにKYとか言われる日本では、今でもこの詩の力はいささかも衰えてないぜ。

さぁ、君も声に出して言ってみるがいい。すげーシャウトで、まわりの奴らを驚かせるくらい、デカい声で言ってみるとイイぜ。きっと、人生の見方が変わる。俺達はみんな、他人の人生を生きることに、うんざりしているんだ。さぁ、行くぜ!

『反対こそ、生きてることだ。反対こそ、じぶんをつかむことだ。』

いつだったか、この詩をたまたま目にして、金子光晴にノックアウトされたぜ。学級会じゃあるまいし、何でもかんでもみんなに賛成じゃ、いつの間にか、洗脳されて、去勢された馬のようになっちまうだろう。そんなんじゃ、自分の人生がもったいないぜ。モノ足りないッたらありゃしないぜ。
だいたい、よく言われる『みんな』って誰だよ?『みんな』はどこにいるんだい?『みんな』の意見なんかじゃなくて、ホントはお前の独断じゃないのかよ?やたらと『みんな、みんな』っていう奴を、俺はいつも疑ってかかる事にしてるのさ。
そうさ、自分の頭で考えて、おかしいと思う事には、即反旗を翻してきた。トイレットペーパーの芯じゃないんだから、何でもかんでも長いものに巻かれてたまるかって根性で今日まで何とかやってきた。ご苦労なこった。おかげで金回りはすこぶる悪いがな。
第一、そんなんじゃ人ごみに紛れて、埋没してしまうじゃないか。街を歩いている女の子を見てみなよ。人ごみで入れ替わっても、誰も気が付きゃしないんじゃないか?どいつもこいつも、おんなじようなメイクで、おんなじような格好でさ。サラリーマンのおじさんも、ある日違う会社に行って、知らない席に座っていても、何ら違和感ないような手合いばかりだ。
Osaka
それでいいのか?

人と同じことばかりしていたら、自分のやりたいことを見失ってしまうぜ。無駄に年だけくっちまうぜ。人生には終わりがあるんだぜ。俺は昔から、誰かと交換なんかできっこない、一点モノのゲージュツ品みたいな人間になりたいんだ。出来れば、このキャラクターを活かして飯が食えればサイコーだけどね。ふふふ…、しかし、そんなに人生甘くはないぜ。それこそが人生さ、ロックンロールさ。
つまらねぇことで落ち込んでる暇なんかないのさ。なんせ俺は俺だからな。俺の信じたことを、子供の頃の俺が見て、マンガの主人公みたいでカッコイイと思えるようなやり方でやるだけさ。

俺の敬愛するMOD FATHER Paul Wellerも言っている。
『僕は間違ってない。間違っているのは社会のほうだ。』
昔好きだったマンガで、主人公のハチャメチャな中年男が、『俺は未だこの世界に顕現していない何かからの使徒だ』って言うようなシーンがあったんだけれど、俺も、このニッポンの皆さんに、未だこのニッポンに顕現していないグルーヴからの使徒だと言えるような男になりたいもんだぜ。
ニッポンには、こんなバカな男がもっとたくさん必要だ。もっとも、みんな俺みたいな連中だったら、この国はデモとかストばっかりで、GNPはベスト100位圏外間違いなしだろうけどな、ダッハッハッ!
読者諸君、俺はもうすっかりおっさんだけど、年相応に老け込む気なんかさらさらないぜ。君たちも、いっちょどうだい?もっと好きにやってみないか?大丈夫、痛い目を見るのは自分なんだから。
明日は、勝手に金子光晴週間その2ってことで、『おっとせい』でもショーカイしてみようかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿