2011/04/18

Post #157 Interlude

今日は急遽、仕事に出撃しなければならなくなったので、ごくあっさりと。

今回の旅行で触れ合った、世界の人々からは、口々に今回の災害について訊ねられた。あなた方は、こんなところに旅行に来ているけれど、大丈夫だったのか?とね。日本を応援しようというポスターや募金箱も限りなく目にした。俺達は世界とつながっている。そして、今回の災害が、単に日本の東北地方だけの問題ではなく、世界中の、人類全体の問題だということがわかる。もちろん、未だ誰もその回答を持っているわけではないがね。
Osaka
多くの知人と話していて、よく耳にするのは、『これからの日本は、いったいどうなってしまうんだろうか』という言葉だ。その言葉には、不安の色が濃い。確かに俺たちは未曽有の災害に直面し、それでなくても社会は少子高齢化によって、活力が失われている。
俺の連れ合いなどは、『日本から逃げ出して、地震のない国に移住したい』とまで言っている始末だ。
それもいいかもしれないが、俺は今回の災害で、日本は大きく変わっていかざるを得ないと思う。政治も、社会も、文化も、人々の考え方も、何もかもが。

こういっちゃ何だけれど、俺にはすごく楽しみだ。

もちろん、ある朝目が覚めたらなんてカンジで、一挙には変わらないだろう。何年も、何十年もかかるかもしれない。しかし、必ず変わるだろう。どう変わってゆくかはまだはっきり見えてはこないけれど、俺自身は、日本がこれからどう変わっていくのか、自分のこの目で確かめたい。肌で感じていたい。出来ることなら、俺の生きているうちに、変わった日本を見てみたいし、世界の人々にもそれは大きな指針になってゆくと思うぜ。
諦めない限り、希望はあるだろう。

Ok、そろそろ出発の時間だ。男の仕事が俺を呼んでいるのさ。
読者諸君、また会おう。俺は夜通し働いているはずだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿