2011/04/23

Post #162 On The Corner

On The Cornerといっても、あの超有名なマイルス・デイビスの名盤“On The Corner"の話しではない。あしからず。単に、曲がり角であった印象的な話ってだけだ。
フランスとドイツという、EU圏の2大国に挟まれた小国ベルギーの首都ブリュッセルは、その立地からEUの首都になっている。その関係もあるんだろうか?さまざまな人種が集まっている。MIDI駅(直訳すると中駅なんだが、別にCentreつまりセンター駅があるから日本では南駅とされている)でトラムに乗った時から、あまりにもエスニックな雰囲気が濃厚なんで、ワクワクしてきたぜ。つまり、黒人やアラブ系、モロッコ人や中国人なんかのほうが、いわゆるベルギー人よりも多いんだからな。比率としては、8対2くらいで有色人種ばかりだ。俺のすぐそばに座っていたのも、スカーフをまいて子供を連れたイスラム系の女性二組だった。中東の人特有のどぎついアイメークだ。
これらの人々は、なんなんだろう?移民か、それとも出稼ぎ労働者か?あとでわかったことだけれど、どうもこの駅の界隈はアフリカ系やアラブ系の人々が多く暮らしているエリアだったようだ。
満員のトラムを4駅ほど行ったところで、俺と連れ合いは降りたんだが、あまりに満員で、大きなトランクを持った俺たちはまわりの皆さんに、もーしわけないくらいだった。降りるのも一苦労だったんだ。人の波をかき分けて、やっとの思いでホームに降りたんだ。
するとそこで、連れ合いは中華系と思しき中肉中背のメガネに、『マダム、時計を落としましたよ』と声をかけられた。しかし、俺も連れ合いもちゃんと時計は腕についている。
ヤバイな。俺は直感した。なんてったって、俺はかつてバルセロナの地下鉄で財布をすられた経験がある。そうそう何度もカモにはされないぜ。俺もなんだなんだってカンジで合流したんだ。おそらく奴は、俺の連れ合いが一人で旅してると思ったんだろう。時計を落としたとか言って呼び止めて、財布をすったりするっていうあれに違いないぜ。なんて言ったって、何処にも時計なんて落ちてないしな。ホントに落ちてて、呼び止めるくらいなら、拾って渡してくれるってのが筋だろう。
油断がならねぇぜ、まったく。
奴は俺の合流で、なんとなく目算が狂ったのか、そのままトラムに乗り込んで去っていった。貴様の顔は覚えたぜ、次にあったら容赦しないぜ。
ブリュッセルは油断がならないな。真夜中にホテルで寝ていると、何処からか若い奴らが大騒ぎし
てる声が聞こえてくる。まるで、田舎のヤンキーのようだ。
Bruxelles,Belgique さすがに笑ったね、これは
悪戯好きな奴もおおそうだ。俺は嫌いじゃないがね。
証券取引所って歴史のありそうな大仰な建物があるんだが、そのエントランスに飾られたライオンの彫刻の口には、バナナの皮が突っ込まれていた。
俺は、それを見て大笑いしちまったぜ。通りがかりの地元の親子連れも気が付いたらしく、ベビーカーを押した若いお母さんが、『あんなところにバナナ…』って呆れていたぜ。
他にも、証券取引所から、例のMIDI駅の方にくだりながら写真を撮っていた時には、裏通りの教会の、地面から3メートルくらいのところに設けられた街灯の上に、赤ちゃんの実物大の人形の股間に、実物大の陰茎を模した大人のおもちゃをテープでとめたのが、これ見よがしに置いてあったっけ。これも俺は目ざとく見つけて、トムとジェリーみたいに大笑いしてたら、近所のおじいさんが、こりゃたちが悪いねぇといった顔で苦笑いしながら、あれは君がやったのかねって聞いてきたくらいだ。冗談じゃないぜ。脚立もないのに、出来っこないだろう。
俺は笑ってNON!と答えておいたぜ。
いずれにしても、親切な人も多いが、思っていたよりも治安が悪いっていうか、ざわっとした雰囲気だ。そんな街を、俺は毎度おなじみのモジャモジャ頭に、派手なパイソン柄のスキニーパンツ、オレンジ色のパイソンの皮をあしらったウェストバック、そしてピンクのパイソン皮の横着そうな靴を穿いて歩き回り、じゃんじゃん写真を撮りまくった。まぁ、俺の格好が最も性質が悪そうなんだがね。おかげさんで、子供たちには、ぴとん!ぴとん!と呼ばれて大人気だったぜ。ぴとんってのは、ニシキヘビ=PYTHONのフランス語読みだ。子供と年寄りとホモにはいつも大人気なんだけどねぇ…。
はぁ~。
一日みっちり歩いて、陽が傾いてきた頃、さっきも話した証券取引所の横の交差点で、横断歩道を渡ってきた中年のがっちりしたおやっさんに呼び止められた。俺は、逆光の中を歩み寄ってくる男に一瞬身構えたが、表情がわかるとニコニコしてるから安心したぜ。
見ればオレンジ色の作業服を着ている。片手にはビールだ。仕事帰りの職人のおやっさんって風情だ。これなら日本でもおなじみだ。一見いかついが、気のいい人たちなのは万国共通だ。
Paris
『ムッシュウー、それはあんたの独自のスタイルなのかい?』おやっさんはでかい声で訊いてきた。
うむ、というのはこのモジャモジャ頭に、パイソン尽くしのいでたちの事かな。『そうだよ』俺は答えた。
『なかなかユニークでいいぞ!素晴らしい!ダッハッハッ!』いや、うれしいね。『ありがとう!』
『ところでムッシュウー、あんたはどこから来たんだい?』『日本だよ』
『そうか、ジャポンか、津波は大変だったが、あんたは大丈夫か?』『OK、俺も家族も問題ないさ』
『そうかそうか、そいつはよかった、俺はモロッコから来たんだ。ここはモロッコに比べて、家賃は高い、喰いもんも高い、何でもかんでも高くてうんざりだが、これだけはサイコーだ』おっさんは、にやりと笑ってビールの缶を振って見せた。俺とおっさんは街角で、笑いあったぜ。そりゃイスラム圏じゃ、戒律上ビールをガンガン飲んだりできないもんな。
『これからどこに行くんだい?』おっさんは聞いた。俺は連れ合いと夕食を食べるのにもってこいの店を探して、ぶらつきながら写真を撮っていたんだ。おっさんの来た方角には、どうにも地元の華僑の人々の住むエリアがあるように見受けられる。面白そうだ。ちょっと行ってみようかな。
『この通りを渡って、あっちに行ってみるつもりだ』俺がそういうと、おっさん、ビールを一口飲んで、『そりゃいい、あっちはビューティフル・プレイスだ』とのたまった。
俺と連れ合いは、おっさんに挨拶して別れ、道を渡った。
ブリュッセルで、一番印象に残ったモロッコ人のおやっさん。もう会うことはないだろうが、どうぞいつでもお元気で。

読者諸君、また会おう。今夜も急に仕事が入ってしまったぜ。君たちが家族や恋人と過ごしている頃、俺は男の仕事だ。モロッコ人のおやっさんといい勝負だぜ。
まったく、ゆっくりじっくりプリントする日はこないんだろうか?なんだか不安になってくるぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿