2011/04/04

Post #141 Trans-Global Express #1

読者の皆さんに、ちょいとご報告。
明日から、俺、ヨーロッパにいってくるぜ。こんな大変な時期に、旅行なんて、なんて神経だって思うかもしれないけれど、前々から計画していたんで勘弁してほしい。

俺は旅慣れてるから、旅の準備はあっという間だ。愛用のサムソナイトにイカした服とスカした靴を詰め込んで、カメラバックにフィルムをしこたま、そして何よりカメラを放り込めば、世界中どこにだって行けるぜ。あと、飛行機の中で読む本も忘れずに。
今回は、昨日の話があるから坂口安吾の『桜の森の満開の下』と吉本隆明『西行論』の2冊だ。軽く12時間くらいはかかるからな。
今回は、いつもの俺のメイン機材CONTAX T3を2台だけ、一台はモノクロ、もう一台はリバーサルってカンジでベルトに着けていこうかと思ったが、冷蔵庫の中に、120フィルムが何本か残っていたから、いい機会だ、FUJIの中判カメラ GA645Zi も持っていこう。久しぶりの中判だ。わくわくするなぁ。
ヨーロッパ北回り航路ロシア上空。こんな非情な大地を踏んでみたい
で、どこに行くかって?ふふふ…、知りたいかい?いいだろう、君たちだけにはそっと教えてあげよう。フィンエアーに乗って、ヘルシンキ経由でアムステルダム。そして、電車でベルギーのブリュッセル、さらに電車でパリに行くんだ。金はないけどね。悲しいくらい。

フィルムはしこたま買い込んだ。新しい旅に、新しい写真だ。これで新しい女なんて言ったらさすがにバチが当たるぜ。うちの連れ合いも旅慣れてるからな。並みの女じゃ、俺の相方は務まらないだろう。

見知らぬ国に行くと、日本の中のジョーシキというもんが、どうでもいいローカルルールに見えてくる。それは、この先行き不透明な時代を自分の力で生きていくうえで、大きな力になるんだ。こんな生き方でもゼンゼンOKだって思えてくるのさ。

OK、お土産の欲しい奴は、コメントしてくれよ。
けど、お金ないからな…。まぁ、俺の写真を楽しみにしていてくれよ。どうせモノクロばかりだし、どこに行ってもおんなじような写真しか撮らないけれどね。俺が君たちにお贈りできるモノといえば、所詮シケた写真くらいさ。でも、それがイイのさ、それがサイコーなのさ!

じゃぁ、日本の皆さん、さようなら。なに、すぐに帰ってくるさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿