2011/04/07

Post #145 Trans-Global Express #3.5

いや~、疲れたな。アムステルダムは。今は真夜中だ。市の中心部のダム広場のすぐ脇のホテルでゆっくり休んでいるのさ。
昨日から走り続けて来たのさ。地球を三分の一周してたどり着いたヘルシンキでは、連れ合いがパスポートをなくしたと大騒ぎし、あわや入管で強制送還寸前だった。たまらん。結局、飛行機の中に落ちていたんだが、海外ではパスポートはとても重要だ。強いて言えばパスポートとクレジットカードさええあれば、なんとかなると言っても過言ではないのだ。諸君も気をつけてくれたまえ。
で、昨晩はヘルシンキの街へ繰り出したのだが、寒かった。そんな寒いところに行く予定はなかったので、手袋もコートもない。そして、さすがヨーロッパの片田舎。よいこの住んでるよい町だ。駅の有料トイレで、白人のアンちゃんに馴れ馴れしく話しかけられ、ホモじゃなかろうかと焦ったりもしたぜ。何せ俺はホモに何故か好かれるからな。俺はまったくその気はないんだが。もう一度言おう。俺には全くホモっ気はない!
で、今朝朝イチの飛行機に乗ってアムステルダムにやって来たのさ。
そうして一日中写真を撮りながらブラブラ歩き回ったぜ。脚がパンパンだ。さすがの俺も疲れきった。
街の中心部にあるレンブラント広場には俺の大好きな木蓮が咲いていた。今日はその写真をお送りしよう。アムステルダムの、キレーな顔に、やたらでっかいお尻のおねーさん達の写真は、まぁそのうち。そこらじゅうを走り回るベスパの排気ガスで俺の髪はすっかり硫黄臭くなってしまった。まいったな。しかし、アムステルダム、なかなかに面白い街だぜ。

Amsterdam

それでは諸君、また会おう。しばらくはヨーロッパをぶらついているはずだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿