2011/05/10

Post #179 降り止まない雨の中、俺はブルースを抱えているのさ

思いっきり暇でござる。
5月に入ってから、仕事はぴたりと止んだぜ。すっきりするほど思いっきり暇だ。しかも、激しい雨が降ってるぜ。こっちはやむ気配なしだ。家の近所じゃカエルがケロケロ鳴いているぜ。まぁ、こんな日に仕事がなくて、ほっとしたといえばほっとするな。
あんまり暇で、時間を持て余すくらいだ。仕方ないな、今日は心置きなくプリントするか。
例によってアムステルダム、フィルム一本半、21カット。出来はまぁこんなもんかな。
今日お見せしようかとも思ったが、水洗した後、まだ乾かないんだ。だから、今日はお預けさせてもらうぜ。悪しからずだ。仕方ないさ、洗濯ものだって乾いてないんだから。
Shinjuku,Tokyo
ホントのところは、いろいろとあるんだけれど、ここで言っても仕方ない事ばかりだ。しかし、つい指が動いてしまうぜ。困ったなぁ…。俺の取引先の人間が、たまたま見ちまったら、ヤバイな…。
しかし、しかしだ、このリスキーなカンジがロックンロールな香りがしないかね。ふふふ…、仕方ないな。このまま行っとくか。
世間はデフレだ。すっと続いてる。インフレも大変だが、デフレも大変だ。おかげさんで、いろいろと驚くことばかりだ。しかし、安けりゃいいのか?いや、俺たちはいつの間にか、安かろう悪かろうじゃなくて、安くて高品質を求めるようになってしまったんだ。値段が上がっていくのは、ガソリンと税金くらいだぜ。
俺はどっかで、世界最高の品質、世界最強の価格競争力って話を聞いて、椅子からずっこけるほどびっくりしたぜ!なんてたって、世界最高のものを世界最低価格で買おうってんだからな、虫がイイにも程があるとは思わないかい?こんな事を抜けしゃぁしゃぁと放言する奴らが、この世間をまかり通っているんだ。そいつは結構なことだ。モノの値段も下がっていくことだろうよ、もう一回言わせてもらおう、結構なこった。それでみんなが丸く収まるのなら、こんな結構なことはないぜ、笑いが止まらないぜ。
しかし、どこかで誰かにそのシワ寄せが行ってることだろう。間違いないぜ。下請けの、あ~、最近は協力会社って持って回った言い方をしてるな、そうその値下げ協力会社の皆さんのキューリョーが削られているに違いない。ひょっとしたら、中国からやってきた研修生と呼ばれる人々が、とんでもない安値で働かされているかもしれない。それどころか、俺たちが手にするものは、ラベルだけがご立派な粗悪品かもしれないぜ。仕方ないだろう、安いんだからな。
OK、こうして安い金で働かされた俺達は、これまた安いものを買いたがるのさ。一円でも安くね。その挙句、世間はくるくる持ち回りで、またまた俺達の実入りは減っていくんだ。
仕方ねーだろう、それが世の中の仕組みだ。つまりはデフレスパイラルだ。

呆れるぜ。呆れてものも言えねーのさ。

俺自身は、モノの値段には正当な対価が支払われるべきだと思ってるんだ。つまりは等価交換だ。ふふふ…、鋼の錬金術師か、はたまたパチンコか。しかし、この社会は鵜の目鷹の目だ。少しでも安い金で自分の欲しいものを手に入れようとする。それは悪い事とは言い切れないけれど、ほどほどってもんがあるだろう。
安い金で、いいものを手に入れることなんか、本当は出来っこないのさ。安い安いと浮かれていると、腹をくだして血を流し続けて、死んじまうような目に合うに違いないぜ。
Shibuya,Tokyo
昔のカメラなんかも、家が一軒買えるほど高価だったそうだぜ。その頃のカメラは半世紀以上たっても、モノとしての存在感がビンビン放射されているのがわかるぜ。クロームメッキの厚さが半端じゃない。そんなのを見ると、つい欲しくなったりするぜ。たまらん物神性だ。まぁ、小遣いが無いから、そもそも買う気遣いもないけれどな。

ああ、そうだ。今いい言葉を思い出したぜ。『安物買いの銭失い』って奴だ。

読者諸君、失礼する。ココでは言えないモヤモヤ、つまりはブルースを抱えながら、明日もプリントするぜ、雨の音を聴きながらね。

2 件のコメント:

  1. そうなんですよね。
    製造者だけが馬鹿らしい思いをしているんです。
    販売者は消費者にいい顔して売るだけ売って
    クレーム対応は全て製造者に負わせる。
    食品業界はそうなっています。

    返信削除
  2. まったくもって、どの業界も似たり寄ったりですね。
    でかい会社のボーナスの額とか、大メーカーの決算とか聞くとですね、同じ国の話しとは思えず、いつもうんざりしています。結局、下請けさんの中小零細企業がいつも割を食ってます。そんなところばかり、このとし迄渡り歩いた末に、独立したんですが、う~ん、これはこれで厳しいですわ。

    返信削除