2011/05/25

Post #194 春の一日、子供たちの声をききながら‥

本日、今夜中にやらなきゃならねばならないことが山積みなんだが、ブログの更新は欠かせないぜ。君に俺の写真を届けたいんだ。まるで中毒だ。これには習慣性がある。仕方ないぜ、まったく仕方ない。至極あっさりと行かせてもらうか。
そんじゃ、いきなり一発目行くかな。
Amsterdam
俺は昨日から、小学校や中学校をまわって、遊具や運動設備の点検をしてるんだ。タンポポやレンゲが咲く校庭をぶらぶら歩きながら、ブランコや雲梯や鉄棒の写真をデジカメで撮っては、子供たちが使っても危険がないか点検しているんだ。
田舎町のすれてない子供たちが、おじさん何してんのって訊いてくる。写真を撮っているのを見ると、おじさんカメラマン?とか訊いてくるんだ。
のんびりと楽しい仕事だぜ。
子供たちが写真を撮ってほしそうな顔をして、俺の周りをちょろちょろしているぜ。とはいえ、写真に子供たちが写り込むのはNGなんで、休み時間に子供たちが遊んでいると、俺は光と風に戯れながら、子供たちが遊んでいるのをじっと眺めて、子供がその遊具に飽きるのを待っているんだ。
そう、俺は子供たちの楽しみを妨げたくはないんだ。
あぁ、心の底から癒やされる気がするぜ。
一日にそんな写真を200枚から300枚撮影しているんだ。とても電池が持たないぜ。跳び箱やマットなんかも撮っているぜ。なんだか昔のラブコメとかに出てくるような体育館の倉庫で、窓から差し込む逆光の中、ゲージュツ的に跳び箱だの平均台なんかを激写しているんだ。自分でもその出来栄えの良さに、惚れ惚れするぜ。
おかげさんで、俺は滑り台の写真をとらせたら、凄いぜ。ピカいちだ。
もし君たちが、ブランコや鉄棒の写真が必要だと考えているのなら、ぜひ俺に声を掛けてくれ。きっと、期待以上の写真を撮って差し上げるぜ。
しかし、いい事ばかりはありゃしないぜ。今日の帰り道、高速道路は事故渋滞で、2時間も立ち往生だ。これじゃ高速道路じゃない。低速道路だ。歩いたほうがよっぽど早いぜ。クソ、金を返してほしいぜ。まったく、なんてこった。あんまり渋滞し続けてるんで、俺は小便を我慢できなくなって、路肩で立ちしょんしてしまったくらいだぜ。精一杯の俺の抗議行動だと解釈してほしーもんだ。
ケッ、せっかく癒されたのに、こんなんじゃまたまたストレスがたまっちまうぜ。
そう、これが俺の人生さ。ロックンロール・ライフさ。
よし、ここらでもう一丁行ってみよう!
Amsterdam
よし、これでいい。
これから今夜帳簿を作り、請求書をジャンジャンバリバリ書き上げるぜ。いくら貰えるのか、楽しみだ。クライアントの皆さん、たんまり支払を頼むぜ。俺の生活はクライアントの皆さんのさじ加減一つに懸っているんだぜ。
Oh Yeah! 親愛なる読者諸君、また会おう。俺はどんなに忙しくても、君たちの事を忘れちゃいないぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿