2011/05/06

Post #175 Fragment Of Amsterdam #4

今日は俺、夜勤から帰ってきたらプリントしようと思っていたんだけどね…。どうにも体調が悪い。睡眠不足と身体的な疲労困憊かとも思ったけれど、鼻水は止まらないし、なんだか熱っぽい。体温を計ってみると、平熱より1℃以上高いじゃないか。ちなみに俺は平熱が35℃台。心は熱いが、身体はクールな奴なんだ。36.5℃を超えると、もう体調がおかしくなるんだ。厄介な身体なんだ。
かかりつけの医者に行って、診察してもらってきたぜ。俺はこの病院の受付のおばちゃんたちに大人気なんだ。まぁ、若い女の子に人気のあった例は、記憶の及ぶ限り滅多にないがね。悲しいぜ…。
そんなわけで、本日もプリントも出来ず、ブログもあっさりだ。毎度まいど、言い訳じみててもーし訳無いが、体調不良だけはねぇ、俺もその、なんだ、身体が資本なんで、無理はしたくないんだよ。明日の夜も仕事が待っているしね。
Amsterdam
OK、そうはいっても、一枚だけじゃ物足りないぜ、もう一発行くぜ!
Amsterdam
しかし、ただ怠いとか言って眠っていたばかりじゃないんだぜ。聴いてくれ、俺は病院に行く前に、ちゃっかりと、今は亡き渡辺克巳の写真集『新宿 インド 新宿』を買ってきて、病院の待合室で見ていたのさ。昨日のインドの熱が冷めないうちに見ておきたかったのさ。渡辺克巳は好きな写真家の一人なんで、写真集があるのを見つけると、つい買ってしますぜ。俺の街の本屋に3冊おいてあったのを先日見つけたんだ。一週間ほどたった今日、俺が買った時にもまだ3冊あったぜ。ということは俺の街でこの写真集を買ったのは、今のところ、俺だけってことか?なに?渡辺克巳をご存じない?じぁ、今からネットで調べてごらん。夜の新宿に集まる老若男女を、若者を、オカマを、ヤクザを、浮浪者を、そして何より人間を撮り続けた素敵な写真家だ。
俺は、気の合う仲間と同じ写真を見て、いろいろ語り合ってみたいといつも思っているんだがね。残念なことに、この街でこの写真集を買って持っているのは俺一人なのさ。もし、君たちが俺の紹介した本や写真集を見てくれたり、持っていたりしたなら、コメントを入れてくれないか?写真の楽しみは、写真を見ながら、あーでもあろうか、こーでもなかろーかと盛り上がることにもあるんだぜ。彼の天才アラーキー事、荒木経惟も『東京は秋』という名作写真集のあとがきで、そんなことを書いていたように記憶してるぜ。

そんな俺の家には、写真集がてんこ盛りだ。最近は新しい写真集を買うと、連れ合いから『そのうち床が抜けるわ!』って遠まわしに嫌味を言われるような有様なんだ。まいったなぁ…。これについては明日か明後日、ごく近いうちに紹介させてもらうぜ。楽しみに待っててくれ、頼むぜ!
しまった、結局またダラダラと書き綴ってしまった。もう駄目だ、限界だ。臨界点を突破してしまう。俺の脳がメルトダウンする前に、今夜はとっとと休ませてもらうぜ。そう、今の俺には休息が必要なんだ。何といっても昼間眠っていると、仕事の電話でたたき起こされるしな。こう見えて俺は、意外と暇人じゃないんだ。フリーランスみたいな生き方をしているからこそ、身体には人一倍気を使ってるのさ。
それでは読者諸君、また会おう。くれぐれも連休の疲れで、体調を崩したりしないようにしてくれ。俺は、自分の事ももちろん大切だけど、君たちの事も同じように大切なんだ。ふふふ…、ちょっと偽善者っぽかったかな。まぁ、イイさ。俺からのせめてものサービスだ。では、よい週末を過ごしておくれ。

0 件のコメント:

コメントを投稿