2011/05/19

Post #188 Fragment Of Amsterdam #5

俺はいつも、くだらない文章を書き散らしているんだ。
今日は何を書こうかななんて、別に考えていない。キーボードを打ち始めると、勝手に言葉が湧いてくる。そのうちに自分でも面白くなっていったり、わけの分からない愚痴のような文章になってしまうんだ。
Amsterdam
おもしれー!というチェックボックスに数字が入っていると、ふふふ…、この面白さを解ってくれる人が世の中にもいるもんだと思うし、つまらん!ってなかに数字が入っていると、う~む、なかなかこのビミョーなカンジは分かってもらえないのかなぁと思ったり、ちょっと俺も独りよがりなタコツボ状態で書いてたなぁと反省したりするんだ。
俺はだれからも金をもらって書いている訳じゃないんで、書きたいこと好きに書いてもいいはずなんだが、さすがに2つも3つもつまらん!という評価が続くと、さすがの唯我独尊、お山の大将の俺も、いささか検討すべきかとは思うね。
俺自身はいつだって面白がって書いてはいるんだが…。
まぁ、仕方ない。感じ方は人それぞれなんだ。面白いときもあれば、つまらないときもある。これも打率3割か。自分で言っていてなんだが、もう少し打率をUPさせたいもんだな。こんなんじゃ、読者諸君に愛想を尽かされてしまう日も近いだろう。いつも俺は言われるのさ、自分の思ったことの1割ぐらいを発言するようにしておいた方がいいってね。欲求不満になりそうさ。
しかし、何もリアクションがないよりも、つまらないならつまらん!ってチェックしてもらった方がイイのかもしれないな。手応えってのがあるぜ。誰だってスルーされるのは、なんだか物悲しいものさ。
まぁ、今日は少し反省して、あっさりだ。飽きもせず、アムステルダムだ。
Amsterdam

アムステルダムには『赤窓』地帯があるというのは、先日書いた通りだが、かなり開放的というか退廃的というか、明るくオープンに退廃しているという感じがするんだ。あけっぴろげ。じめじめしていないカンジなんだ。嫌いじゃないぜ、俺は。同じエロネタを披露しても、ジメッとして笑えない奴より、カラット笑い飛ばせるノリのほうがイイからな。
だから、おしゃれな服や小物を売っている店が並んでいるような通りの真ん中に、これまたおしゃれなカンジで、大人のおもちゃが真昼間から売られていたりする。日本の感覚からすると、おかしな気分だ。眉をひそめる向きもあるかもしれないぜ。けど、若いキレーなおねいさんがフツーに入って行ったりするんだから、あちらではフツーなんだろう。
俺が思うに、旅の醍醐味ってのは、あなた、新たな現実が目の前に立ち現われてくるのを、自分自身の中に受け入れ、自分の世界観を解体し、再構築して行くことにあるんだから、理解しがたいものは、楽しんでしげしげ見てみないとな。俺はいつもそんな風に思ってるのさ。
Amsterdam
とまぁ、今日はこんなところで。
夜の仕事に出撃する前に、ゆったり寛いで、爽やかな春の風を感じたり、小鳥のさえずりをきいたりしていたいのさ。でないと、頭の中が混線状態なんだ。脳みそのデフラグが必要不可欠なのさ。あっ、しまった。こんなこと書くと、またつまらん!とか言われそうだな。
それでは読者諸君、失礼する。また明日会おう。俺は今夜も車を飛ばして東奔西走、商売繁盛だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿