2011/05/18

Post #186 On The Road #2

今日も車を飛ばして走り回った。西へ西へと。
このまま走り続けていけば、リスボンまで行きそうな勢いだ。
しかし、当然ながらどこまで走っても、ココからはリスボンになんて辿り着きゃしない。そう、この国は島国なんだ。どこまで行っても、結局は海にぶつかってしまう。袋小路のブラ小路だ。
さすがの自民党の面々も、その長期政権の期間中、一度たりとも海を越えて大陸につながる巨大な橋を建設しようとは思わなかっただろう。奴らにできたことといえば、自分の選挙区に海峡をまたぐ巨大な橋を架け、だれも乗らない空港を築き、人外境の深い山々にトンネルを穿ち、高速道路をひっぱて来ることぐらいだ。あと、原発ね。どれも、それでホントーに俺たちの幸せ繋がったのかは定かではない。その評価は、これからの歴史がケリをつけてくれることだろう。楽しみなこった。
そう、そんなわけで、この国からは逃げ場所なんかない。この国に絶望しても、放射能にやられた国土からモーゼに率いられた流浪の民のようにザイオンを目指すこともできない。あぁ、モーゼなら玄界灘を断ち割って、俺たちを朝鮮半島くらいには連れて行けたかもしれないな。
ふふふ…、しかし、この国に生まれた人々の多くは、ココが世界で最も幸せな国であると信じているんだ。だから、ザイオンを目指して流浪することはない。しかし、この狭い国土に、原子力発電所が犇めき、現に放射能をガンガンまき散らしている。本当はどうなっているのか、どこが危険でどこが安全なのか、誰にも分からない。いやぁ~、まいったなぁ。苦笑いして頭を掻くくらいしか出来ないぜ。どうしてこんなになっちゃったのかねぇ?
Amsterdam
俺のマシーンはなれない道を一本たがえ、夜の歓楽街に突っ込んでしまった。なんてメーワクな車だ。ネオンの下に群がる酔っ払った男たちと、その懐を狙う女たち。俺は奴らをまとめて轢き殺しそうだ。ボーリングじゃないんだぜ、頼むぜ。どいてくれないか?
車の窓から見るそれは、どうにも滑稽で、どこか物悲しい。
その男たちも女たちも、誰一人として、自分の思い描いていた人生を生きていないように感じてしまうのさ、なぜだかね。どうしてかな?強いて理由をつけてみれば、そこは本音や本気のないお遊戯の世界だからかな。酔っ払って、わけのわからないことをしでかしたり、喋り続ける男たち、適当に聞き流し、愛想笑いを浮かべ、男たちにさらに金を使わせようとする女たち。

キヨシローの歌にもあった。

♪心も体もお金で売ってる 誰もが
 大人になってみれば 実はみんながそんなことしてる
 だってそれが この世界の仕組みだから
 そうしていつか 疲れ果てて 死んでいくのさ

 でもイイじゃない 人類って それしかできないんだもん
 しょうがないじゃない 人類って すごく弱い動物だもん

 愛が欲しいなんて ただの口癖
( Ruffy Tuffy 口癖)

あぁ、そうなんだよな。まさにそんな感じの光景なんだと気付くんだ。それはそれで、イイんだぜ、全然。俺もついふらふらと一杯行ってしまいそうになる。だけど、それがなんになるのさ?って車の窓から見れば、冷めた目で見えてくる。やはり、一日中走り回ったマシーンの煮えたぎったエンジンのように、本気で、迸るように生きていたいのさ。そこには、生ぬるい空気が流れてる。蕩児になろうとしても、内に秘めた倫理のおかげで蕩児になりきれない自分に、偽善臭さと狭量さを感じて、少しうんざりもするんだがね。

こんな事を書き散らすなんて、きっと俺は疲れているんだ。グデグデだ。もうギリギリだ。なのに仕事のオファーは次から次に入ってくる。もう6月も休みが取れないくらいに仕事が詰まってしまった。俺の本当の人生は、いったいぜんたい何処にあるんだ?これがそうなのか?きっとそうだろう、受け入れようぜ。そうして、フルスロットルで毎日を踏ん張るんだ。
俺は、心も体もお金でやり取りされない、本気の世界を探してる。今はまだその途上だ。少年の日、オフクロが死んだ日から、ずっと探してる。けどまだ見つからない。きっとそこでは、生ぬるいアイドルの歌なんて流れちゃいないだろう、ギリギリと心を締め付けるようなビートが流れ、吹き上げるようなシャウトが響いているだろう。
だが、そんなイノセントワールドは、この地球上にはどこにもないのかもしれない。
かつては、神秘に満ちていた道の大陸には貧乏な人々が淋しい目をして腹を空かせて、いさかっている。精霊の住む森は、すっかり切り払われ、トイレットペーパーにされちまった。そして母なる海は、放射能まみれだ。
天国のお母さん、こんな世界で走り回り、グデグデのクタクタになっている俺は、あなたからはいったいどう見えているのですか?もうあなたの顔も思い出せない俺に、教えてほしいものです。
俺は時折、食料も空気も何もかも必要としない体を手に入れ、孤独に宇宙を彷徨う、いや、虚空に浮かぶ自分の姿を思い浮かべるんだ。そう、鉱物のように、堅固に半永久的に存在するのさ。それはきっと、孤独を感じてる場合じゃない。峻烈なほどに孤独に存在しているんだ。そして、その孤独の境地から、読者の皆様に、ブログを日々書き送ろう。そんなシャブ喰ったようなヴィジョンを、月に一度は思い浮かべるんだ。そうさ、俺の頭の上に、宇宙服を着こんだ俺が浮かんでいるんだ。こんなんじゃ、ホリエモンや内田裕也みたいに豚箱行きになる前に、精神病院に入れられちまうだろうよ!それもまた一興ではあるがね。

Amsterdam きっとこいつは人類よりタフだ。この足を見てみろ
しかし、そんな世界じゃ写真なんか撮れないな。仕方ない、天体写真でも撮るとするか。きっと素晴らしい馬の首星雲だか馬の骨星雲だかが撮れることだろう。ふふふ…、みんな楽しみにしていてくれよ。

結局、お金で買えるものはたかが知れている。しかし、ソウルパワーは、決して金では買えないんだ。俺はそう信じてる。ロックンロールを信じているように信じているんだ。日本人が、結局は天皇を信じているくらい信じている。ほとんど信仰といっていい。そういえばかつて、俺が不良少年だったころ、ブルーハーツのヒロトは『戦闘機が、買えるくらいのはした金などいらない』と歌っていたっけ。

読者の諸君、失礼する。明日は南へ戦線拡大なんだ。今日の仕事をまとめておかなけりゃならないし、何より俺には睡眠が必要なのさ。また、会おう。失礼するぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿