2011/05/14

Post #183 On the Wall #2

今日は体調がいまいちで、実は医者に行ったりして一日が暮れてしまった。俺の週末が台無しだぜ。ひとつ前の投稿は、病院の待合室で暇を持て余している間に作ったものだ。
しかし、昨日ブログをUPできなかった借りを今日のうちに返しておきたいもんだ。
今日はアムステルダムの壁シリーズ第二弾。ポスターとか、フライヤーとかが貼られた壁だ。
まぁ、体調もいまいちだから、能書きはほどほどにしておこうぜ。

On the Wall, Amsterdam
この写真を撮ったすぐそばにはThe Red Light District、日本語では『赤窓』エリアと呼ばれる一画のすぐそばだ。何とも怪しげなBANANASって店は、どうやらその『赤窓』エリアで営業中らしい。
『赤窓』エリアってのは、要は公認の売春街なんだが、そこのシステムが変わっているんだ。建物には幅90センチ、高さ2メートルほどの窓が並んでいて、その窓の中は小部屋になっている。赤いカーテンがかけられているんだ。そして、その窓の中には、マネキンのようにビキニ姿や、下着にロングブーツといった姿の売春婦のおねーさん、もしくはおばさんが前を通る男たちに微笑みかけているのさ。白人もいれば、黒人も、混血らしき人もいる。SMの女王様っぽい女もいれば、その辺にゐそうな優しそうな小太りの女もいる。若いのも、年食ったのも、太いのも痩せてるのも、いろんなタイプの女が売春している。そして、どんな女か一目瞭然なんで、日本でよくあるように、写真と実物がまるで違ってガックリというトラブルはなさそうだ。
ココは、明確に撮影禁止とされているので、さすがの俺も写真は撮ってないんだ。大麻の吸えるコーヒーショップと並んで、アムステルダムの名物の一つだ。君ももしアムステルダムに行く機会があったなら、行ってみるとイイ。面白いぜ。
On The Wall,Amsterdam
これも、赤窓のすぐそばで撮ったもの。こんなカンジでフライヤーが貼られているぐっちゃぐちゃ感はたまらないもんがあるんで、つい撮ってしまうね。分かるでしょ?解ってほしーね。
では、もう一丁!
On the Wall, Amsterdam
これも同じく。なんだかこんな退廃したような一面がアムステルダムにはあるように感じるぜ。いや、どんな街でも人間がいる限り退廃はあるんだろうが、それがむき出しになっている街だと言いたいわけさ。
OK、今日はこんなところさ。失礼させてもらうぜ。腹が減った。飯を食いに行きたいんだ。
今日のUPで、写真は300枚を超えたんだ。投稿記事の下にあるスライドショーで全部見ることが出来るだろう。読者の諸君、暇を持て余しているのなら、一度じっくり見てくれ。いろんな写真がフラットに展開している。このブログが続いている限り、この写真は増えていくんだ。楽しみにしていておくれ。では、失礼する!

0 件のコメント:

コメントを投稿