2011/05/12

Post #181 On the Wall

今年は岡本太郎生誕百年ということで、世間では岡本太郎ブームのようだ。
新宿駅の通路に移転されている『明日の神話』に福島原発の事故を描いた落書き、というよりベニヤ板が付け足されていたってのも、記憶に新しいぜ。
Amsterdam
俺自身、岡本太郎は結構好きで、ご多聞に漏れず、あの有名な『芸術は爆発だ!』ってのにガキの時分にやられちまった口だ。しかし、岡本太郎が極めて知性派の芸術家だったことは、みんな知ってるかな?
岡本太郎は戦前(アフガン戦争じゃないぜ、第二次世界大戦だよ)にパリに渡り、ソルボンヌ大学で民族学をマルセル・モースから学び、哲学者のジョルジュ・バタイユと親友になり、彼の作った秘密結社の重要なメンバーの一人になったりしていたんだ。文化人だな、まったく。
パリでの岡本太郎は、そこそこに評判になっていたようだ。知ってるかい?ロバート・キャパの最初の彼女で、世界初の女性戦場カメラマンだったゲルダ・タローのタローというのは、岡本太郎からとられているんだぜ。
戦前のコスモポリス、文字通り世界の文化の最先端だったパリで岡本太郎の基礎は作られ、世界中から集まった若き芸術家と交流を持っていた。それは、絵画芸術だけじゃなくて、写真家の友人も多かったようだ。
ハンガリー生まれのユダヤ人の写真家ブラッサイも岡本太郎の友人の一人だ。

岡本太郎は、ブラッサイから写真の手ほどきを受けてたんだ。で、カメラマンってのも悪くないと思っていたようだぜ。事実、後に岡本太郎がニコンFを携えて日本中を巡り、撮影した写真は、とても画家の余芸とは思えないダイナミズムがある。太郎が日本に帰るとき、ブラッサイは太郎に愛用の引伸機を贈ってくれたそうだ。それは空襲によって燃え尽きてしまったそうだがね。

手元にあるブラッサイの写真集を見てみよう。霧に包まれたパリの夜景が、ホモセクシャルや娼館の娼婦たちなどの戦前の退廃的な風俗が、パリ市民の穏やかな日常と街並みとが、当時の芸術家や作家の肖像が、モノクロで捉えられている。どれもカッコいい写真だ。影響を受けずにはいられないほどだ。
Amsterdam
そんななかでも、ブラッサイは壁の落書きに執着していた。当時はスプレーなんかないから、釘か何かで石の壁を削った線刻の落書きだ。そんな落書きを、ブラッサイはこまめに撮影していたようだ。
別にブラッサイを気取るわけではないけれど、壁の落書きは、いつも見かけると撮ってしまう。日本の落書きは、ヒップホップ調のものがほとんどだけど、ヨーロッパに行くとさまざまなスタイルの落書きを見ることができるんだ。面白いもんだぜ。
もちろんヒップホップ調のものも多い。パリのメトロのトンネルの中は、いったいぜんたい、いつどうやって書いたのか分からないけれど、そんな落書きだらけだ。轢かれちまうぜ、まったく。
壁の落書きとか、べたべたと貼られたポスターを見ると、街が生きているのが感じられるんだ。だからいつも、見かけるたびについ撮ってしまうんだ。
落書きや何度もなんども貼ったり剥がされたりして、まるで地層のように成り果てたポスターは、俺にとってはサイコーのご馳走だ。
そう、あまり小奇麗な町では息がつまって仕方ないぜ。人の気配が感じられないのさ。神は細部に宿るっていうだろう。そんなディテールが人の住む町には必要なんだ。ガラス張りのビルとゴミひとつない街路じゃ、写真をとってもなんだか味気ないものさ。とはいえ、自分の家の壁に落書きされるのはゴメン蒙るがね。

OK、読者諸君。今日はこのくらいにしておこう。今夜は久々にお仕事なんでね。いつまでも遊んでばかりはいられないのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿