2011/05/09

Post #178 Sexual Desire #6

なんだか、blogger の調子が悪くてPCから投稿できなくなってしまったぜ。まいったなぁ、なんとかならないもんですかねぇ?
しかも、男の仕事で現場に来てみりゃ、時間を一時間間違えてて、真っ暗な駐車場で暇をもて余しているんだ。仕方ない。スマートフォンでブログでも作るか?しかしですな、携帯にはたいして写真を入れてないんだなぁ。てことで、久々に評判の悪いSexual Desire シリーズでもいってみますかね。

女性の方には、いささか不愉快な写真かもしれないので、先に断っておくぜ。品性下劣でモーし訳ありません。
On The TV
兵庫県の日本海側は、神戸とかからイメージする兵庫県とは全く違う。俺が何度か仕事で通ったのは、国道9号線が山また山を縫って走るうらさびれた町々だった。もう何年も前の話だ。冬ともなると、この辺りでは、一晩で膝くらいの高さまで雪が積もる。現場につくとまずは車を停めるスペースを雪かきしてつくらなけりゃならない程だ。さすがに関西圏ではそこいらは定番のスキー場とされているだけあるぜ。
仕事が終わったからといって、羽目を外すような場所もない。それどころか、ケーヒ節減とやらで素泊まりで宿をとっていると、晩飯にありつくのも一苦労だった。
あるのは、関西圏最大級と銘打ったエロビデオ屋と峠にポツンと作られたトタンで出来たエロ自販機ばかりだ。人間、どこにいっても暇をもて余すとこれかよってカンジだ。
たまたま泊まった宿の部屋、有料アダルト番組のチューナーが壊れていた。フツーは壊れると見れないてのが相場なんだが、この宿のチューナーは、無料でアダルト番組が見放題だった。
外は寒い。しかも、真っ暗な闇夜だ。時おり見えるネオンは、場末の飲み屋のもんだろうか?とっくに盛りを過ぎ去った婆さんが、とんでもない化粧をして、カウンターの中におさまっているに違いない。ひょっとしたら、田舎ヤンキー候な子娘もいるかも知れないな。
そんなところで、銭を棄てるくらいなら、部屋でアダルト番組でも見てみるか?てなカンジだったぜ。なにせタダだしな。
う~む、これはこれで退屈なもんだな。
On the TV
あんまり退屈だったんで、写真をとってみたぜ。
モノクロでプリントすると、何がなんだかよく分かんないが、やたらと淫靡な味わいだ。TVの画面に映っているモノのほうが、実際の女性よりも淫靡なカンジだな。しかも、プリントすると妙なリアリティーが感じられそうだ。

読者諸君、今日はこんなところで失礼するぜ。なんせ今から仕事だからな。bloggerのチョーシがよくなっていたら、また明日会おう。

0 件のコメント:

コメントを投稿