2011/06/01

Post #201 早いもんだ、もう6月たぜ!

読者諸君、機嫌はどうだい?俺は久々に家でゆったりさせてもたっらぜ。ご機嫌だ。人生はこうでなくっちゃならない。まっとうな食事をとり、寛いで本を読んだり、音楽をきいたりするんだ。今朝の5時まで働いて、車を飛ばして帰ってきた。とはいえ、毎年恒例の集中工事とやらのせいで、高速道路はさほど高速でもない。弛緩した運転は程よい眠気を喚起するんだ。俺は命の危険を感じて、サービスエリアで死んだように眠ってから、解き放たれた野生の馬のように、高速道路をすっ飛ばして帰ってきたのさ。
家に帰ってまずしたことは、風呂にゆっくり入ること。そして、行きつけの美容院に行ってこのモジャモジャ頭を整えることだ。そう、忙しくって何か月も髪なんか切りに行けなかったからな。この頭は俺のトレードマークなんだ。手は抜けないぜ。このままじゃ、鳥の巣の頭が蜂の巣の頭になっちまいそうだ。
Amsterdam
美容院では人気者なんだ。俺は飲み屋や美容院みたいに若い女の子がいっぱいいるところでは、ついサービスしちまうんだ。そう、考えることもないくらいに面白おかしい話が、口から飛び出してくるんだ。あぁ、ちょうどこのブログそのままだ。だから俺はちょっとした町の人気者なのさ。
まぁ、とはいえどこでも面白い人で終わりだけどね。つまらないぜ。禁じられたロマンスとか、おきる余地もないんだ。残念だ。残念きわまる。
まぁ、俺は野生の馬、つまりマスタングだ、みたいにエネルギッシュで並みの女じゃ乗りこなせっこないし、そこいらのおねーさんじゃ俺もなんだか物足りないんだ。
隣のお客は、かかりつけの町医者の受付のおばさんだ。白髪を染めている。狭い街なんだ。こちらとも長い付き合いだ。15年くらいはお世話になってるだろう。いつも言うように、俺はおばさん連中にはとりわけ大人気なのさ。なにしろ彼女は、俺の連れ合いや出来の悪いオヤジの事もよくご存じでいらっしゃる。調子に乗って迂闊なことをしゃべると大変だ。すぐに関係者に話が回っちまうんだ。狭い街なんだ。しかも、俺は街で一番目立つ男だからな、気を付けておかないといけないぜ。

なかなかいい具合に仕上がった。満足だ。カラスの巣がツバメの巣くらいにはなっただろうか。

俺の絶好調をよそに、世間では内閣不信任案提出だとか言って大騒ぎしている。
くだらないぜ。菅総理じゃ震災復興は無理だとか言って、今まで原発をガンガン作ってきて。未だにその非を認めるどころか、これからも原発で日本経済を盛り上げていこうっていう自民党の皆さんが、創価学会政治部の公明党と、民主党でのけ者にされた小沢軍団と結託している言うことだ。馬鹿らしい。彼らの目はどこに向いていやがるんだ?人間の目は、未来を見据え、困難を直視するために前に向いてついているのに、奴らの目はケツの穴の両サイドについているんじゃないかって思えるぜ。被災者のため、復興のためなんてキレーごとを抜かしているが、政治の混乱や、法案可決に要る解散総選挙などの事態による政治空白は、復興を遅らせこそすれ、早めるようなものじゃないのは、美容院で白髪を染めてるおばちゃんにだってわかるぜ。所詮は権力闘争だろう。くだらなすぎて、腹が立ってくるってもんだ。それとも電力業界からお願いでもされたのかい?この大変な時期にそんな事をしでかす頭の中身は、脳みそじゃなくてカニみそでも詰まってるんじゃないのか、放射線を使ったCTスキャンとかで調べてやりたいもんだぜ、まったく。
OK、イイだろう。自民党の皆さんよ、今度あんたらが、いろいろ難癖をつけて、政権をぶんどったら、永田町のどまんなかに、あんたらの大好きな世界一安全な原発とやらを作るがいいさ。首都圏の電力不足も解消だし、万一事故があっても、放射能漏れでくだらない権力の亡者どもが一掃されて清々するさ。

くだらない。余りのくだらなさに泣けてくるぜ。
Amsterdam
アメリカの無頼作家チャールズ・ブコウスキーは、その短編『Politics is like Trying to Screw a Cat in the Ass』、つまり政治なんてケツの穴に猫をねじ込むようなもんだってタイトルだ、の中でこういっている。曰く『いい政府と悪い政府があるというのか?ちがう、いい政府などというものはない。あるのは悪い政府と、もっと悪い政府だけだ。』
その通りだ。菅ではダメなんだろう?けど、それが谷垣だろうが小沢だろうが、五十歩百歩さ。なんせ未曽有の大災害だからな。やれもしない奴が必死にやってる奴を批判するのは、俺の好むところじゃないんだ。くだらないぜ。
もう一度、ブコウスキーの同じ短編からの引用を許してもらおう。こんな文章でその短編は締めくくられる。

『さて、読者諸君、許してもらえるならば私は、これからも娼婦や競走馬や酒とともに時を過ごしたい。そうやって迎える死は、自由だ、民主主義だ、人道主義だ、といった言葉で飾られたどんな死よりも、自分の死に責任を持てるという点で私にはずっと誠実なのである。
最初の郵便配達、12時30分。いま最初の一杯。娼婦たちは、いつもそこいらにいる。クララ、ペニー、アリスにジョウ・・・・。』


(チャールズ・ ブコウスキー 青野 聰訳『町でいちばんの美女』 新潮社版より)

賛成だ、ブコウスキー。俺もくだらない政治になんか間違っても関わらずに、自分で責任を全うできる範囲で、誠実に生きていきたいもんだぜ。なんてったって俺は自称、町でいちばんの人気者だからな。人生は短い、くだらないことに付き合ってる暇はないんだ。
読者諸君、失礼するぜ。風呂に入ってとっとと寝ろって、連れ合いに小言を言われるのさ。まぁ、それが家にいるってことだ。いつものことだ、気にはしないぜ。女の言うことはいつも大抵正しいんだ。戦争したりするのはたいてい男だしな。また明日会おう。

0 件のコメント:

コメントを投稿