2011/06/23

Post #222 夢を見た

昨晩は、ブロガーの不具合で写真をUP出来なかったから、これは昨日の投稿なんだ、実は。

昨日の夜は、遅くまで仕事をしていた。しこたま写真をメールに添付して、お客さん送ったときには、もう真夜中どころか夜明けだった。つまり、夜明けまで仕事をしていたんだ。
床に就いた頃には、すっかり空は白み始めていた。まぁイイ、それでも2時間は眠れるぜ。充分だ。何なら、明日の仕事は、車で出撃で高速に乗って行けばいいだろう。飛ばして行くぜ。なんせ仕事はまさに今山場だ、胸突き八丁だ。ボケボケ眠っている場合じゃない。
Izmir,Turk

その短い眠りの中で、夢を見た。
夢の中では、もう二度と逢うこともないと思っていた君から、俺の携帯に電話がかかってくるんだ。
そして、俺はまた、君と逢えたんだ。君はまたあの頃のあの夜と同じように、どこか照れたような笑顔で屈託のない話をしていたんだ。
俺は、嬉しかったんだ。夢の中で、これが夢だなんて思ってもみなかったぜ。
そんな嬉しさは、目覚ましの音で幻のように消えちまった。
隣には、俺のつれあいが眠っている。それが現実だ。
そうさ、全て夢だったのさ。俺は、無性に悲しくてやりきれなかった。君たちには、そんな経験はないものかねぇ?

俺は思い出したぜ。RCサクセションの切ない曲、『夢を見た』を。こんな曲だ。

きみのことを 夢に見たのさ
目が覚めて ぼくは悲しい
夢の中には 涙はなかったさ
目が覚めて ぼくは悲しい

鏡の前できみを呼んでも
泣き出しそうな ぼくがいるだけ

今日一日は 朝から晩まで
なんとなくなんとなく 悲しい

決して目立つ曲じゃないんだぜ。ヒットしたわけでもない。むしろ、売れない部類だろう。けれど、こころに残るイイ歌だ。まぁ、つまらないと思う奴は思っていればいいさ。きっと、俺の感性とは志向性が違うだけの話だ。しかし、今日はそれを云々する気にもならない。そう、今日の俺ときたら、まるでこの歌のような一日を送っていたんだ。

なんとなくなんとなく、悲しかったのさ。
Izmir,Turk

いくら悲しんだところで、どうなるもんでもないんだけれどね。けど、なんとなく、そう、なんとなく、悲しい余韻が残る一日だったのさ。もっとも、仕事はそんな俺のなまっちょろな感傷なんかすっ飛ばしてしまう程、大回転の大忙し、八面六臂の大活躍だったんだがね。それがまた、やりきれない反面、有難かったんだけれどね。

そうだぜいつだって、心の中に、ブルースがあっても、それでへこたれへたれている訳にはいかないのさ。そんなブルースのない人生なんて、味気ないものさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿