2011/06/03

Post #203 From The Dark Room

本日、これといって語るべきほどの事も無し。
例の小学校の遊具の点検に行き、一日で五百枚ほどの写真を撮影したってことくらいかな。
特に言っておきたいことも無いので、今日は昨日のプリントから行ってみようか?
そらよ!
Amsterdam
なんだかひさびさに、人物写真らしい写真だ。足元のバケツが実にいい味出してるぜ。
じゃぁ、調子に乗ってもう一丁、行ってみようかなっと。
Amsterdam
昨晩水揚げされたばかりの出来立てだぜ。
水揚げなんて、まるで魚屋の口上のようだ。デジタルしかやったことのない人には、イマイチピンと来ないかもしれないが、俺なんかにとっては、水揚げってのが実にしっくりくる表現だ。
モノクロのプリントには、いくつかの手順がある。ご存じない読者さんのためにざっくり説明しておこう。まずは、ネガフィルムをキャリアに挟み、引伸ばし機に装着する。続いて構図を定め、露出時間を決めて、そののちにはじめて印画紙を引伸ばし機にセットするんだ。
焦ってはいけない。この時、未使用の印画紙は、箱の中にしっかりと収められているかどうかの確認だ。これがもし、不注意で光に晒されてしまったら、せっかくの新品の印画紙が台無しだ。真黒く感光してしまうってもんだ。
そしてこれらの手順を正確にこなした後、まず行われるのは、引伸ばし機によって行われる『露光』、それを現像液の中にするりと突っ込んで感光した印画紙に画像を浮かび上がらせる『現像』だ。現像液の中に浮いた白い印画紙の表面に、ぼんやりとそしてくっきりと浮かび上がってくる画像。この時、印画紙の表面に浮き上がってくる粒子はたまらないもんがある。そう写真は粒子によって点描されているんだぜ。この瞬間こそが俺にはたまらなく楽しみで、なおかつ、生理的にグッとくる感じがするんだ。
そしてこの現像は当然化学反応であるから、これを止めるために酢酸溶液の中に印画紙を突っ込む『停止』、さらに続くのは、印画紙の表面に、化学反応によって描かれた画像をしっかりと定着させる『定着』という手順を踏むんだ。これも定着液の中に印画紙を突っ込み、5分ほど付け込んでおくのさ。これが甘いと印画紙はセピア色に変色してしまうんだ。しっかり定着しないとね。セピア色の写真なんて、俺はゴメンだからな。
この定着液の中に、しばらく留められた印画紙は、そこから抜き出されると、俺の場合、大きなバットにためられた水の中に突っ込まれ、本格的な水洗に先行する予備水洗を施されるんだ。この水の中にゆらゆら浮いている状態が、水揚げって言葉のイメージにピッタリなんだよ、分かるかい、このカンジ。
こうして書いてゆくと、なかなかに大変な作業だ。道楽ってのはすべからくこうでなけりゃねぇ。
つまりこんな訳で、モノクロというか、銀塩写真には、どこか水気が感じられるのさ。それがなんかどこかなまめかしい艶を写真に与えたりするものなんだ。

OK、読者諸君。今日はこれくらいにしておこう。明日か明後日、また会おう。今日は早起きだったから、俺もう眠くなってきちまったのさ。諸君は素敵なウィークエンドを過ごしてくれ。頼むぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿