2011/06/20

Post #220 Grief Of Last Dinosaur

俺は、今日仕事が終わってから、久しぶりに現場のそばにあるカメラ屋に行ったんだ。久々に中古カメラを物色したり、暗室用品を物色したりしていたんだ。そこで目に入った一枚の告知。俺は愕然とした。膝から力が抜けそうだ。
HongKong
それは、次のようなものだ。
黒白印画紙 一部製品の販売終了について
拝啓 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
また、平素は富士フィルム製品に格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、標記の件、永年にわたりご使用拡販頂きました本製品は、需要が大幅に減少したため、下記サイズを順次販売終了と致しますのでご案内申し上げます。
これまでのご愛顧を深く感謝いたしますとともに、今後とも弊社製品をお引き立て賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

1.販売終了製品 および終了見込み
*終了時期は見込みのため、終了時期が前後する可能性があります。』

何だと?聞いてないぜ、俺。俺は一覧に目を通した。俺の目ん玉はトムとジェリーのトムが驚いた時のように、飛び出していただろう。そこには、こうあった。

③黒白ネガ用引伸印画紙“フジブロWP FM4号”シリーズ
終了品 F BRO WP FM4 6 100A 
おいおい、こいつはズバリ俺の使ってる印画紙じゃないか?フジのRCペーパー、六つ切り、特別硬調、100枚7180円の愛用品だ。マジかよ。
終了見込み 平成23年3月
おいおいおい、待てよ、今平成23年の6月だぜ。俺、ついこの間100枚入り買ったよな?どうなってんだよ。
代替品 F BRO WP FM4 6 20A
おいおいおいおい、それって割高な20枚入りだろう!ふざけるんじゃないぜ、富士フィルムさんよ!あんたら確か以前、写真文化を守るために、フィルムカメラや用品をなくすことはないって言っていただろう?いやいや、薬品が統合され、引伸機の製造販売から撤退したのは、つい2,3年前だったよな。どうなんだよ、
そりゃ、20枚入りでは残ってますよ、同じ商品が、しかし100枚買ったら8900円だ。約24%の値上げだ。そりゃ、あんまりだろう!
ふざけるな!
俺は棚を見た。すでに俺の愛用のFM4の100枚入りは無い。しまった。
俺は直ちにその店を出て、地下鉄に乗り、ビックカメラに行った。いつも俺が印画紙を買っているところだ。あるじゃないか、FM4 100枚入り。しかも二箱。(この箱が、プリントの整理にはもってこいなんだぜ。それが無くなるなんて…。)
懐に金はない。しかも今月は市県民税を払わねばならんのだが…。
市県民税と印画紙。俺にとってどちらが大切か、言うまでもない。
お金がなければ、カードを使えばいいじゃないと、心の中のマリー・アントワネットがささやく。
俺は、2箱抱え込んでレジに向かった。『カードでお願いします。』 
いや~、まいったなぁ…。
HongKong
富士フィルムさんよ、写真は単なる商売じゃなくて、文化なんだぜ!
そんな値上げで需要の減少に対応しようなんて、ますます印画紙を使う奴が減っちまうだろう!本当にシビアなビジネスならば、需要喚起を考えろよ!流行のドラッカーでも読んだらどうだい、こんチクショー!
そもそも写真を文化として捉えていないから、みんな目新しいものにぴょんぴょん飛びついて、昔ながらのモノクロ愛好者がガンガン減っちまうんじゃないのかい?
デジタルで処理すればいいだろうという声も聞こえてくるけれど、ケミカルでプリントを作る充実感、緊張感、達成感。これはやったことのない奴には、ちょっと分からないだろうな。黒の粒子の織り成す美しさ。そして何より、同じものは二度とは焼けないという一回性。
ロバート・フランクが言うように、モノクロ写真は、『私の手の詩』なんだ!
そうさ、俺は滅びゆく文化を愛しているんだ。
しかし、鈍行列車が新幹線に取って代わられ、リニアに取って代わろうかって時代の旅が、長期の船旅が飛行機に取って代わられ、東京パリ間を2時間半で結ぶ大陸弾道航空機が開発されようとしている時代の旅は、俺が思うに、密度が下がったんではないだろうか?
それと同じように、こだわらなければ何もかもお手軽に出来てしまうデジタルな時代の写真は、俺にはどこか物足らない。いまどきのロックがどこか物足りないのと同じだ。ちなみに言っておくと、俺は内田裕也もダイゴも、どっちも認めていないんだけれどね。

ああ、それはもちろん俺の個人的な感想だ。

俺の心の中では、荒涼たる大地を彷徨う、滅びゆく定めの最後の恐竜が天を仰いで悲しげに咆哮している。怒りに燃えていても、その怒りを誰にぶつけることも出来ない。
Tokyo
フィルムカメラ、モノクロ写真愛好家の諸君、立ち上がれ!
モノクロ写真こそ、ズバリ写真の王道だろう!写真の火を消してはいけない。立ち上がれ、同志たちよ!値上げにも負けず、じゃんじゃんプリントし、じゃぶじゃぶ印画紙を浪費してやろうぜ!
読者諸君、俺はやり続けるぜ。自分の選んだ俺の道だ。金がかかってこそ、高尚な道楽ってもんだ。あぁ、それでこそ、金儲けにも励みが出るってもんさ!Fuck!
読者諸君、また会おう。俺は悲しみと怒りに悶えながらも、闘志に燃えているだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿