2011/07/29

Post #258 Super Stupid

原子力行政を巡るイカサマが次々と露わになっている。九州電力のメール問題に続いて、今度は原子力運用の安全を管理監督する原子力保安院が、中部電力と四国電力にやらせを依頼していたんだそうだな。阿呆らしくって、もう関わりたくもないぜ。
Paris
こんな状況なのに、自民党も民主党内のかなりの勢力も、そして政治にしばしば容喙する経団連のお偉いさんも、脱原子力には反対のようで、俺はこの国に暮らしているのに、いささかうんざりだ。
そんなこと言うと、お前なんてとっととスーダンでも北朝鮮でも行っちまえよ、なんていわれてしまいそうだが、まとまった資金があれば、私だってねぇ、こんな右を向いても左を見ても、馬鹿と阿呆の騙しあいな国からとっととトンずらしたくもなりますわ。えぇ、ホント。それくらい情けないんです。
いや、冗談はさておき、未だに多くの人々が、生活の糧を奪われ、なかには、行方不明の家族を探すことすらできずに苦しんでいるというのに、そして、この事故の賠償にいったいどれほどの金が必要なのか、そしてその金はどっから捻り出してくるのかもはっきりしないというのに、未だなお、原子力じゃないと、電力コストが跳ね上がるとほざいている阿呆がいる。
挙句の果てには、電力コストが跳ね上がったら、企業はますます海外に出て行ってしまいますよと、政策に脅しをかけまくる輩が、偉そうにふんぞりかえっている。
世も末だぜ。
Paris
 しかし諸君どーだろう?親方日の丸じゃなきゃやっていけないビジネスなんて、ビジネスとは言わないんじゃないですか?不祥事があったら、自分のケツは自分で拭くのが当然だろう?俺の商売にも公的資金を投入してもらいたいもんだぜ。いや、ホントにそうなったら、丁重にご辞退申し上げますけどね。
かつて、経団連の皆様方は、正規の仕事にありつけない若い衆に、それは自己責任みたいなことをいっていたっけな。先代の会長さんは、自分とこに都合のいいように派遣法を改正しろとまでおっしゃておいでだったしな。この時俺は、我が家のCanonのプリンターを、不燃ゴミに出そうかとまで思ったもんだ。
で、自分たちのメンバーの電力関連企業のケツに火が付いたら、あれは天災だから免責の大将だって強硬に主張して、早速政府に金を出させようってかい?きっと奴らは、この国を支配してるつもりになってるんだろうな。国は金のなる木じゃなくて、その金は、俺達国民のおさめた税金なんだぜ。忘れてもらっちゃ困るってもんだ。
Paris
チャールズ・ブコウスキーは『この世の中には、悪い政府ともっと悪い政府しかない』と喝破していたが、いくらなんでもひどすぎるぜ。
まるでこの国は社会主義国だ。大企業と政治家、そして役人はみんなグルになってやがる。言いたい放題、やりたい放題、そしていつもそのつけは一般庶民さ。
一般庶民は、蟻のように働いては、気晴らしにパチンコでもやったり、新しいビールを飲んだり、野球を見るくらいしか能がないと思ってるんだろう、奴らは。
俺はもう、何も言いたくないんだ。こんな糞くだらないことに付き合っていられないんだ。
俺の人生は二度とない。しかも、刻一刻とあの世に向かって着実に歩んでいるんだ。これだけは一歩進んで二歩下がるってことはない。こんなくだらない奴らが、日本の、そして人類の未来に対してヴィジョンのない奴らが、金勘定しか出来ない奴らが、俺たち国民をカモにしてるのに、もう付き合いきれないぜ。
しかし、しかしですよ、次の選挙が来た時に、いったいどの政党を支持したらいいっていうんだろう。
どいつもこいつも、頼りにならない。どいつもこいつも、政治主導といいながら役人の操り人形になっちまうし、財界の御用聞きだ。国民が真っ当なことをいえば、集団ヒステリー呼ばわりする奴までいる。
 俺は、フランク・ザッパの名言を思い出す。素敵な言葉だ。きっと君も気に入ってくれるだろう。
『この宇宙には普遍的なものがふたつある。水素と愚かさである』
あぁ、この国にも愚かさが普遍的に存在しているぜ。いい加減にしてほしいってもんだ。
Paris
 お偉いさんやお利口さんたちが、利害や立場や主義主張で争っている間に、俺は今日も仕事から帰って、プリントしたんだ。23カット。ホントに付き合っちゃいられないぜ。俺は自分の好きに生きていくさ。それこそがこの愚かさでいっぱいの世界で、一番大切なことだからな。
何とか再生可能エネルギーを本格導入して行ってほしいもんだぜ。電気がなけりゃ、プリントだってできないしな。けど、原子力は正直もう御免だ。日本がノーマンズランドになっちまうぜ。

読者諸君、失礼させて頂きますぜ。何時までも起きてちゃ、電気の無駄遣いさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿