2011/08/28

Post #288 光と影の魔術師

今日は、名古屋市美術館に行って、レンブラントをしこたま見てきた。凄い人気らしく、おばはんやおっさんが犇めいていた。給料日のATMに並ぶようにして、絵や版画を見なけりゃならなかったぜ。
レンブラントは、光と影の画家、時にはその超絶技巧により光と影の魔術師とも呼ばれる。
多くの作品が、暗い闇の中に、かすかな光で人物や主題がドラマチックに浮かび上がっているというものだ。
多くの版画は、実にアンダーで、つまり真っ黒で、照明も作品を傷めないように暗めになっているから、老眼プラス1の俺も、立ち止まり、目を凝らさないと、なにがなんだかよくわからない。それが、さっきも言った大渋滞の原因となっていることは間違いないだろう。
世の中の美術愛好家がどんな感想を持っていたか知らないけれど、もし、レンブラントの時代にカメラがあったなら、俺が思うには、彼は間違いなく写真もやっていただろう。
写真、とりわけモノクロ写真も、光と影によって生み出されるという点においては、レンブラントの作品とまったく同じベクトルを持っていると感じるからだ。
Amsterdam/レンブラント公園に佇むレンブラントの銅像
今回間近に接したレンブラントの数々の作品を見ていて、俺は思ったぜ。
『俺の写真ももっとアンダーでも、つまり黒がつぶれるくらいに焼きこんでも、ええんでないの?』ってね。
最近、ネガが真っ白、つまり非常に暗い部分をプリントするときにですねぇ、露光時間をグッと短くして、夜景でも影の中でも、極力被写体が黒くつぶれないように気を使っている訳なんですが、もっと昔自分が焼いていたプリントのように、黒くつぶれてしまう寸前までしっかり焼きこんで見るのも、イイんじゃないかなぁということですわ。
いや、うまい下手ってことで言えば、今のほうが旨いわけなんですが、所詮道楽、巧けりゃいいってもんじゃないだろう。俺は好きでやってるんであって、アサヒカメラの月例コンテストに投稿して、モノクロの部上位入賞したいわけではないんだから、イイじゃねぇかよ。
そもそも、写真にキマリなんかないんだろう。そんな堅苦しいもんじゃないはずだ。自分以外の誰かが決めた尺度で、俺が好きで焼いた写真を評価されても、こちとら、さしてうれしくもないさね。小手先の猪口才な巧さよりも、ドラマチックで、見る人に対してエモーショナルな刺激を与えるような写真のほうが、お好きな口なんでね。
Amsterdam
憶えておくがいいさ。闇が深いほどに、星は輝くのさ。
それは写真も同じだろう。黒が深いほどに、光が引き立つんではないのかい。どうだい、全面明るい写真なんて、健康的でわかりやすいけれど、エロスが感じられないんじゃないのかい。いや、エロスっても、いわゆるエロじゃないぜ。隠されたものを追い求めるという、ギリシャ語本来の意味合いでのエロスだよ。ココからまぁ、彼女のパンツの中に隠されたあれを追い求めるというエロスが、生じているのは間違いないけれどな、イッヒッヒッ・・・。まぁ、そういう写真もたまには撮りますけど、なんか喰い足らない、物足らないカンジがしてねぇ・・・、自分ではあまり好きではないんですよ。そして、綺麗に階調が出過ぎちゃったりするのも、なんだか物足らないなぁ、喰い足らないなぁと思っていた矢先でございますからね、ここらでいっちょう、黒くかましてみますかね。ストーンズのPaint It Blackなんか口ずさみながらね。
よし、9月になったら初心に戻って、もっと黒々焼き込んでいくとするかな。もちろん写真の内容次第だけれどね。
なぁに、上手い下手など関係ないさ、自分が良ければ、それでいいのさ。どうせ、対してみてくれている人も多いわけじゃないんだ。遠慮は無用だぜ。読者諸君、見ていておくれ、俺はきっとますます下手になっていくだろう。ではまた。明日も朝早くから、深夜までダブルヘッダーでお仕事なんだよ。
頑張れ俺!

0 件のコメント:

コメントを投稿