2011/08/31

Post #291 季節が巡る

今日で8月も終わる。子供のだが、毎日ホントーにクソ忙しいのさ。いつも言ってるようにね、いい加減皆さんも耳タコだろう。お見舞い申し上げるぜ。ゆっくりと眠ることも、買い貯めた本を読むこともままならない始末だよ。けどまぁ、自分で決めた道だからな。それも人生の暇潰し穀潰しさ。
ここ何日か、ギャル服ばかり売ってるファッション・ビルでをしてるんだ。喫煙所でパイプを吹かしていると、さすがの俺もびっくりするよーな派手なメイクに、派手な服装のお嬢ばかりが、入れ替わり立ち代わりやって来る。といつもこいつも、スゴい付け睫だ。きっとボールペンくらい、へいちゃらで乗るだろう。季節がら、露出もオーバーだ。キモいおっさんとか言われちゃ堪らないからな、目のやり場に困るぜ。ここはひとつ、必要なくても深刻そうな顔をしておこう。
HomeTown
個人的には、そーゆーぶっ飛んだファッションの女の子は一見、個性的で好みなんだけど、これだけ入れ替わり立ち代わりやって来るとね、さすがに食傷するぜ。第一、仕事で来てるんだから、あんまりニヤニヤするべきではないよな。
とはいえ、何だかな、タバコを吹かしながら彼女達が話している姿にインテリジェンスちゅうか品ちゅうもんが感じられないんだなぁ。要はガキだなぁと、つい感じてしまうんだ。仕方ないか、俺の年齢はとっくに彼女達のダブルスコアだ。人生第四コーナーだ。年をとると熟女がよくなるということか?それはなんとも言えないが、若い女じゃ物足りないのか、身体がよくても侘び寂びを知らねぇからな・・・。
HomeTown
だが、自分が図らずも、世間の皆さんと珍しく歩調を合わせて、年を食ってしまった事をおもいしらされ、しかもひょっとすると、俺の人生、もう二度とこんな素敵な年頃の女の子に熱をあげて、ウキウキするような、あんなキモチを味あうこともないのかもしれないと思うと、やるせない気持ちになってくるぜ。
そんな気持ちを知人に漏らすと、つれあいがいるからいいでしょうと言われるけど、そーいう問題ではないんだなぁ、あくまで俺の可能性の問題であってだね、なんというか、年々歳々、日一日と俺の人生に何かがおこる可能性が狭まっていくのを、こーしてツーカンする訳ですよ。老眼だって診断されてるし。寂しい風が、心の中に吹いてるぜ。
もっとも、俺の女の子の好みはムツカシーからな。そう、俺ももうヤリたいだけのお年頃じゃないんだから、中身のつまった奴じゃなきゃつまらないだろう。若くて可愛けりゃいいってもんでもないわな。
きっと、彼女達からは俺は、草臥れた中年にしかみえてないんだろう。俺の事をかまってくれるのは、子供かおばちゃん、そうじゃなきゃホモくらいだ。ただただ生きる為に働いて、気がつけば、すっかりおじさんだ。最近じゃ鏡を見るのもうんざりするぜ。
自分自身でうんざりするくらいだ。俺の回りでタバコを吹かしてるお嬢たちの目に、俺が見える訳もないぜ。ここじゃ俺はとんだインヴィジブルマンなのさ。
まぁ、どーせ話しあったところで、接点もないような気もするし、お互い理解出来る気もしない、残念だがそれが真実だ。俺も外見ばかりステキでも、何かにとりつかれたように夢中になるモノを持ってなかったり、自分の世界や考えを持ってない子供と話すのは、無駄に疲れるからゴメンだ。もちろん、中にはそんな子もいるんだろうけれど、俺は人生の秋を迎えているし、彼女たちは人生の春真っ盛りだ。互いの軌跡が交わることもないのさ。
HomeTown
俺は、彼女達の付け睫やアイメークの奥の瞳がどんな夢を見ているのか、どんなことを感じて生きているのか、けっこう興味津々なんだけどね。まるで戦後の焼け跡に現れたパンパンさんに興味津々だった金子光晴のようにね。
俺の人生は、とっくに秋真っ盛りだ。季節を先取りだ。寂しくなってくるぜ。人生の秋か・・・。秋風は追い風だろうかい、いや、どうせ向い風に決まってるぜ。いつだって、そうだった。たまに追い風かと思ったら、目の前が崖っぷちとかなんだろう。いつだってそうだったさ。
しかし、思わず髪に花を挿してあげたくなるような女の子は、絶滅してしまったのかなぁ、6,500万年前の恐竜のように。
読者諸君、また会おう。年の事を考えると、愚痴っぽくなっていけないぜ。誰だって、人生の季節は巡っていくものさ。岡本太郎みたい『自分には過去も未来もない。今があるだけだ』って、突っ張って行かないとな。落ち込んでる暇はない。さあ、今日も朝まで夜通し働い て 打ち合わせなんだ。OK、構わないぜ。明日は一日プリントでもして暮らすとす

0 件のコメント:

コメントを投稿