2011/08/27

Post #287 Buterfly

Sometime, Somewhere
蝶が飛んでいるのを見ると、不思議な感覚にしばしば襲われる。
何やらこの世のものではないような気すらする。
蛾はもっとリアルでそんなカンジはしないんだけれど。見かけると、カメラを持ってファインダー越しにその姿を追ってはみるのだが、なかなかうまくは撮れないんだ。変なところにピントが合ってしまったりしてね。何といっても、ひらひらと舞っては、ひとところに留まってはくれない。それが蝶というものだろう。
蝶や鳥など、空を飛ぶモノたちを見ていると、いつもそれが、死んでしまった誰かの魂のような気がしてくる。それが誰だか、心当たりが多すぎて、誰とは言えないけれどね。そう、この年にもなれば、周囲の人が死んでしまったことなんて、いちいち数えきれないくらいだ。
そんな不思議な感覚にトリップしてしまうのは、俺だけかと思うかもしれないけれど、アルカイックな世界観では、鳥や蝶はやはり死者の魂を象徴するものと考えられていたようだ。
反対に、多くの卵を産む魚は、生の象徴だとされていたようだ。生命が海からやってきたことを、記憶以前の本能的な記憶として感じているのかも知れない。そういえば、お寺なんかに魚の姿を象ったレリーフを見ることもあった。何だかんだとこじつけたような教理があるんだろうが、きっとその奥底には、作物の豊かならんことと、命の永からんことへの祈りがあるんだろう。

蝶を見ていると、不思議な感覚に陥るんだ。
まるでこの世のものではない世界から来たもののように、感じるのさ。
俺もずいぶん生きた。生き過ぎたりや42歳だ。きっとそう遠くないいつか、この世界からいなくなるに違いない。それが、明日かもしれないし、30年後かもしれないが、必ずやこの世界からいなくなる時が来るだろう。
そうしたら、蝶に姿を変えて、縁ある人の様子でも見に来るかな。
Sometime,Somewhere
夏の激しい日差しの季節もじきに終わる。日が沈めば、秋の虫たちの鳴き交わす音すら聞こえる。
夏の日差しは、俺たちの生きるこの世界をくっきりと照らし出す。しかし、光が強ければ、影もまた深い淵のように黒々としていることだろう。
写真は、目に見えるモノしか映らない。当然のことだ。けれども、自らの中に世界を読み解く感受性があれば、何気ない風景は異界への扉となり、花に戯れる蝶は、もう二度とまみえることのかなわない人の面影を宿す。
時には、そんな写真を撮りたいもんだね。ただ生きるために、生き抜くために、仕事ばかりしていると、そんな感性は萎えてしまう。忙しいってのも、ほどほどにしないといけないな。

0 件のコメント:

コメントを投稿