2011/09/29

Post #320 Act Nice & Gentle To Woman

TVのニュースで見たんだけれど、サウジアラビアで車を運転した女性を鞭打ちの刑の処すという判決が出たそうだ。鞭打ちされる女性は、女性の車の運転が禁止されているサウジアラビアで、女性の権利拡張を求める一端として、自ら車を運転する様子をビデオにおさめ、ネットで公開していた女性たちらしい。ひでー話しだ。俺はそんな国に生まれなくてよかったと思うぜ。確かに女性ドライバーにへたっぴが多いとは思うが、運転したからって社会の秩序を乱すってのは言い過ぎだろうし、ましてや鞭打ちの刑なんて、まったく冗談じゃないぜ。
サウジアラビアでは、今もなお女性の運転は社会秩序を乱すとして、女性の車の運転は禁止されているそうだ。参政権もない。やっと数日前に、国王が次回の選挙から女性に参政権を認めると表明したばかりだ。俺たちの感覚からすると、奇妙な世界だ。もちろん、俺たちの国も女性に参政権が認められていなかった時代があった。それは確かなことさ。しかし、この21世紀、そんなことが世界のどこかで行われているなんて、びっくりだ。
男にだけ国のかじ取りを任せていると、ロクなことにはならないんだぜ。なにしろ男ってのは、喧嘩っ早いからな。いつだって権力闘争、そして不景気になると戦争をしたがるんだ。女に任せとけってのは言い過ぎだけれど、女の言うことはきちんと聞いておいた方がイイ。この世界の半分は、女なんだからな。そうすりゃ間違いなく物事が丸く収まるってもんだ。君も自分のご家庭の事を考えてみればわかるだろう。亭主関白なんて気取っても、いまどきはやらないぜ。そんなのは昭和の話しさ。
Paris
時折、自分の奥さんをぶん殴ったっていう話を耳にする。人の家庭のことだから、とやかく言う筋合いじゃないけれど、どんよりした気持ちになるぜ。
斯く言う俺も若いころには、連れ合いと言い争いになった挙句、手を挙げたことはある。しかし、今からすると、我ながらどうかしてたんじゃないかと思うぜ。女を殴ったところで、いい事なんかありゃしないんだ。現に俺はそのあと、連れ合いに包丁を持って追いかけられて、家を飛び出して走って逃げた。おかげで、近所の鵜飼さんちのおばあちゃんに、『夫婦喧嘩で警察呼ばれたのは、あんたんとこだろ?』なんて突っ込まれたもんだ。いや、警察は呼ばれていないはずだけど・・・。全くバカバカしいったらありゃしないぜ。もう10年以上前、今ははるか遠い20世紀末の話しだ。
女性には、優しく接するのがいいと思うぜ。面白くないことがあっても、そんなのは極力顔に出さず、ニコニコ優しく接していれば、まともな女ならきっと、君たちを優しく扱ってくれるさ。それで調子にのってわがまま放題に振る舞うような図々しい女なら、ちょっと付き合い方を考えたほうがイイだろうな。意見の合わないことがあるのなら、力ずくじゃなく、よく話し合って解決しようじゃないか。口は飯を食うためだけにあるんじゃないんだぜ。
所詮、男は女には勝てっこないのさ。どんなに頑張ったって、男だけじゃ人類は滅びちまうしな。おっと、こんな言い方すると、むかしの自民党の偉いさんみたいに『女は産む機械』だなんて思ってるように受け取られそうで、ひやりとするぜ。そんなつもりはないんだ。誤解しないでおくれよ。
この世の中には、男と女しかありゃしないんだ。どちらに生まれてくるのか、俺達は選ぶことはできない。だからなおさら、女性には優しく接するのがいいと思うぜ。手を上げるなんてもってのほかさ。自分が反対の立場に立っていたら、理不尽だと思うだろう。ましてや鞭打ちの刑?アナクロニズムにも程があるぜ。
もっとも、そういうのが趣味として好きな人がごまんといるのは承知してるけれど、それは男と女の間の夜の営みとして、この際脇に置いておこう。そんな話も決して嫌いな訳じゃないんだが、TPOってのもあるだろう。そもそも俺が言ってるのは、そういう問題じゃないんだ。分かって欲しいぜ。
Amsterdam
科学や技術がどれだけ進歩しようと、人間の頭の中はなかなか変わらない。古い文化やしきたりや、あるいは宗教の戒律でがんじがらめだ。けれど、それを一旦脇に置いて、クリアな目で見てみれば、女性が男性より劣ってるなんて、迷信に過ぎないってわかるぜ。自由になるってのには、そんな心の自由ってのも大切だ。
そう、女は世界の奴隷じゃない。むしろ女を軸にして回ってると俺は思ってるくらいだ。
なにしろ、うちの連れ合いは、俺なんかよりよっぽど稼いでるんだぜ。俺は世間じゃひもだって思われてるくらいなのさ。働いてるって力説しても、趣味で働いてるとしか思われないくらいだ。冗談じゃない、こちとら寝る間も惜しんで働いてるってのに。思わず笑えてくるぜ。
とはいえ、俺の腕は、女を殴ったり鞭打ったりするためにあって欲しくはない。自分の女を守るためにこそ、この腕を、拳をふるうべきだ。もちろん、そんな物騒なことにならないのにこしたこたぁないんだがね。ニュースを見れば、物騒な話ばかりの昨今だ。とりわけ俺のすむ町は治安が悪い街だからな。覚悟だけはしておかないとね。
読者諸君、失礼する。俺は決してイスラム教が嫌いなわけじゃないけれど、ムスリムの皆さんにもぜひ、女性に対する扱いは時代に即して見直していただきたいと願ってるのさ。
また会おう、御機嫌よう。

0 件のコメント:

コメントを投稿