2011/09/28

Post #319 Children of Bruxelles

うむ、明日から一週間ほど出張だ。東京だ。まだ荷物もまとまっていないんだ。大忙しだ。
なので今日は、さらさらと流させて頂くぜ。
Bruxelles
ブリュッセルの朝早く、子供たちが手を取り合って歩いていた。子供たちは見慣れぬ東洋人の俺を見て、興味津々だ。
子供ってのは、どこでも可愛らしくっていいもんだねぇ。
子供たちは、俺を見てなぜか『ぴとん、ぴとん』と口々に騒いでいたぜ。ぴとんってなんだ?
俺の脳裏にはダイキンのクーラーのキャラクターぴちょんくんが浮かんでいたが、俺を見て、ぴちょんくんは連想しないよな。
Bruxelles
読者の諸君、分かるかい?俺はそん時は分かんなかったんだが、何日かして分かったんだ。ぴとんってのは、PYTHON=パイソンのフランス語発音だ。
子供たちは、俺がはいていたパイソン柄のスキニーデニムを見て、びっくりして『へびだ、へび!』だって大騒ぎしてたって訳だ。ふふふ・・・、ブリュッセルの坊ちゃん嬢ちゃんには、俺はいささか刺激的なおじさんだったようだぜ。
まぁ、この日本の国じゃあんまり人気ないんだけどね。
では読者諸君、失礼するぜ。また会おう。

0 件のコメント:

コメントを投稿