2011/10/26

Post #347 自由と放埓

世の中には、ずいぶんたくさん勘違いした奴がいる。
これは自明のことだ。彼のフランク・ザッパは『宇宙には普遍的に二つのものが存在する。水素と愚かさだ。』という名言を遺したが、全く以てその通りだ。石を投げれば勘違い野郎にあたると言っても過言ではない。
なかでも、俺がイラつく勘違い野郎は、好き放題やることを自由だと思っている奴だ。
人には誰にも自由がある。それは人類がさまざまな問題を乗り越え、長い年月にわたって培ってきた、比較的新しいコモンセンスだ。うむ、自由とは現代の偶像無き宗教といってもいいんではなかろうか。
その意味では、俺も自由の信徒であり、自由の使徒でありたいと思う。
けれど、自由ということは何をやってもお構いなしというものでは、ない。
そんなものが自由なら、殺人も、強姦も、詐欺も、強奪も、そう、あらゆる悪徳が人間に許されてしまう。諸君、想像してみてくれ、そんな自由な社会はお断りだ。ゲヘナの火に生きながら焼かるべしだ。
自由とは、常に自分自身で周囲の状況を判断し、自らなすべきことを自発的に行い得るということではないだろうか。クラーク博士だったっけ?学長として赴任した学校の校則を如何にするかと問われて、『紳士たれ』の一言でかたずけてしまったのは。

『汝の欲するところを為すべし』という自由は、『思うところに従いて則を越えず』という自制心がなければ、唯のケダモノとかわりない。

そしてなにより、自由には絶対的に、責任が伴う。

どう振る舞おうが俺の自由だろう!と息巻く御仁をよく見かけるが、それによってぶん殴られたり、仕事を失ったり、相手とタイミングが悪ければぶっ殺されたりすることを受け入れる覚悟があるのかと訊きたいものだ。それがわかっちゃいない奴は、いくら年齢を重ねていても、単なるガキだ。そして、トーゼン、そんな連中に自由を云々する資格などなかろう。そんなのは単なる放埓であって、自由でも何でもない。
バカらしくって、そんな奴らとはお友達になりたくもないぜ。
Barcelona
かつて、宮沢賢治が詠ったような『億の巨匠が並んで生まれ、しかも互いに相おかさない そんな世界』がいつかこの地上に打ち立てられる日が来ることを俺は信じている。神様を信じるように信じている。悪いかい?3年後とか5年後とかの話しじゃないぜ、気が遠くなるような未来の話しさ。誰もが自由にふるまって、なおかつ互いに傷つけあったり、誰かの幸福を踏みにじったり、他人の自由や尊厳を損なったりすることのない、夢のような社会だ。そう簡単に実現するわけもない。何千年、いや何万年も先の話しだろう。ひょっとしたら、そんな社会が実現する前に、人類は滅んでしまうかもしれない。けれど、俺はそんな世界がいつか実現する事を、最後の審判がやってくることを確信しているエホバの証人の皆さんように、堅く、堅く信じている。そして、今日の一日が、その未来につながっている事を、俺は知ってるんだ。どれだけまわりに自由と放埓をはき違えたバカヤローが便座や薄汚れたまな板の上に繁殖しているバイキンのようにうようよしていようがね。

だからこそ、せめて俺は自制心と責任感を持った自由人でありたいと思っているんだ。
読者諸君、失礼する。渡る世間はアホばかりだ。

2 件のコメント:

  1. 文章の方はとても良いテーマですね。
    全くもって同感です。
    生まれた時から『自由』が与えられていた世代にとって
    重要性を認識している人がどれだけいるか…。
    中東の国々に春が訪れたように日本にも春が来ていたんですよね。
    主権は不断の努力で守らなければ!

    返信削除
  2. いや~、たまにはまともなことも言わないと…、ねぇ?
    とはいえ、日本人は自由のために闘った事のない民族です。お国のために闘っていたら、肝心のお国が負けて、ある日アメリカから、自由を与えられた、不思議な民族です。だからこそ、自由について勘違いなさる方々が世に道溢れているんでしょう。
    自分で稼いだ金で買ったもんは大切にするんですが、ひょいと手にした泡銭は、あっさり無くなってしまうのと、なんかにているよーに感じます。ではまた、御機嫌よう

    返信削除