2011/10/21

Post #342 Gloomy Sky #3

うう、忙しい。忙殺という言葉があるが、その状況に向かって錐揉みしながら毎日が落下している感覚だ。たった今の今まで仕事のメールをジャンジャン送っていた。
まぁ、いいさ。誰だってこの日本に住んでる奴は、何かしら忙しいもんだ。それが日本人の国民性だ。かつて世界中からエコノミック・アニマルと馬鹿にされていただけのことはある。人生の満足度だって、そりゃ低かろう。馬車馬か奴隷のように朝も早くから夜遅くまで働いていちゃ、頭がおかしくなってしまうというもんだ。さすがに年間3万人が自殺する国だ。交通死亡事故死者よりも、自殺する奴が多いくらいだ。おかしな国だ。しかし、ひょいと視点をずらせば、そんなのどれもしょせんは金儲け。少しくらい遅れたって、失敗したって、殺されるようなこともないし、世界が終わるわけでもないのさ。もっと気楽に行きたいもんだ。
Amsterdam/我が国も風力発電で脱原発してくれよ
曇った空も、いつかは晴れるさ。そして陰気な雲の上には、青空が広がり、その空は無限の宇宙につながっている。その宇宙から見たら、毎日毎晩飽きもせず、納期だ信用だの、利益だ信頼だので上や下への大騒ぎの俺たちのなんてけち臭いことか。我ながらうんざりするぜ。
しかし、この日本に生きてる以上、そんなスナフキンみたいに自由気ままに生きるのは、至難の業だね。やれやれ、世間の連中のことはともかく、俺の暮らしに垂れ込めるこの雲は、いつになったらすっきりと晴れるのだろうか。線路に飛び込めば、すぐに晴れるさってのはナシだぜ。

読者諸君、失礼する。ミストのような雨が降り続いている。俺には関係ないが、週末がやってくるというのに、残念なことだ。お出掛けの予定が流れてしまったんなら、暇潰しに俺のブログでも読んでみてくれ。しょうもないぜ、きっと。

4 件のコメント:

  1. sparksさん、頑張っていますか?
    お忙しいかと思ってコメントを控えておりました。
    見上げ系の写真は空の表情が微妙に変化に富んでいて楽しいですね。
    まさしく現像とプリントの両方からの腕の見せ所ですね。
    本物のプリントをいつか拝見させて頂けると嬉しいです。

    返信削除
  2. 何だか順調だと、かえって不安になる男Sparksでござる。
    コメント頂戴いたしまして、うれしゅうございまする。
    見上げ系ってのは、好きですね。こう、何つうかどろどろとした人間社会から、突出したようなすがすがしさを感じる一方、何だか威圧的な雰囲気も感じて、つい撮ってしまいます。
    これも、子供の頃、家の近所に火の見櫓が建っていたからかもしれません。
    プリントですけど、何なら一度宅急便でお送りしましょうか?自分で言うのもなんですが、退屈はさせませんよ、きっと。

    返信削除
  3. プリントはPCのディスプレイ越しではなく
    拝見して何ぼのもんですよね。
    お仕事が一段落したら拝見させてください。

    返信削除
  4. では、来月中旬、家に戻ったら、早速お送りします。どこの写真がイイですか?一番ヴォリームがあるのは、やはりパリのシリーズです。
    では、お楽しみに。

    返信削除