2011/11/26

Post #378 If You Want My Prints, Call Me Right Now!

昨日の夜遅く、友人からメールが来た。以前にもご紹介した友人、名古屋は栄のタイ料理屋ジャイサンマーのマスターM君である。以前俺は、M君に請われるままに、写真を何枚か差し上げたことがある。確か、ひっくり返って寝てる浮浪者のオヤジの写真とかだったはずだ。それを部屋に飾ってくれているらしい。我が友人ながら、凄まじいセンスだ。脱帽する。
生憎俺は昨日、ひっくり返って眠っていたので、今朝になってから電話をしてみた。すると、どうやらまた写真を頂きたいとのこと。しかも、彼の強烈なセンスが炸裂しておる。よりにもよって、大阪の路地裏で座り込んでガンを飛ばしまくってる、危なそうな若い衆の写真をご所望ときた。よりによって、あれか・・・。相変わらず、凄いセンスだ。
しかも今回は、M君の彼女も写真を欲しいということだ。幸いなことに、こちらはもっと妥当穏健なリクエストだ。アムステルダムで場所の前に佇んでいるお子様の写真とか、バラ一輪がモルタルの壁の前に写っているのとか、ブリュッセルの教会のステンドグラスとか、まぁ、絵になるものばかりだ。ほっとするぜ。
とはいえ、M君のリクエストのほうが、俺としては面白いし、俺の写真の本質に迫ってるように思うのだが、致し方ないな、俺は女性には優しいのだ。残念ながら、男性にはあまり優しくないという評判だが、頑張ってリクエストにお応えすることにしよう。女性の喜ぶ顔を見るのは、世界で一番心躍るものさ。
Bruxelles
さて、前回は面倒臭かったんで、スキャンデータからプリンターで印刷してみたんだが、あれは実は納得がいかなかったんだ。何がって?そう、それは切実な問題なんだ。黒が黒にならないんだよ。気にするのは俺だけかもしれないが、黒が黒じゃないってのは、モノクロ写真として致命的だ。
何だか赤味がかったというか、紫が混じったような、微妙な黒になっちまうんだよ。M君はそんなんでも結構喜んでくれてたんだが、俺はまったく納得行かなかった。モノクロで、黒が黒で出ないなんて、満足いかないぜ。納得しないぜ。黒の締りが悪い写真は、嫌いなんだ。何事においても締りはイイに限るぜ。
仕方ない、今回はアレだ、全部真面目に印画紙にプリントするとするか。調子にのって、枠か裏にサインとか入れておくかな。いつか俺がユーメイになった時、ひょっとしたら、思わぬ小遣いになるかもしれないだろう?
とはいえ、まったく同じものは決してできないのが、アナログ写真の味わいだ。特に俺は、露光時間なんかのデータは一切遺しちゃいないんだ。やったらやりきり、感覚任せ。いいか悪いかを決めるのは、唯俺自身の感性。だから、その時の気分と状況次第で、ずいぶん変わる。そういうもんさ。
同じものがイイってんだったら、どうぞ、デジタルデータで。個人でお楽しみいただく分には、一向に差し支えませんぜ。PCやケータイの壁紙だろうが、どうぞお好きに。
しかし、しかしですよ読者諸君、俺の写真の欲しいという奇特な人が、M君たち以外にも、もしもいるというのなら、遠慮せずに申し出てくれたまえ。基本は六切り、つまり8’×10’(約20㎝×25㎝)だ。これぐらいの大きさが一番プリントしやすいんだ。俺はRCペーパーを使ってるから、表面は少しツルツルテカテカしているんだが、たまらんもんだぜ、生の印画紙の粒子とか、黒の締りとかは。他から見たら、まぁ、フェチとかの部類だろうよ。
どっか上の方に俺のメールアドレスも出ているだろうし、それが見つからなかったら、コメントに入れてくれればいいぜ。細かいことは、応相談でよろしく。まぁ、どうせ俺は程よくヒマ人だからな。

さてそんな事情もあって、今日はプリントする気満々だったのだが、急に仕事のオファーが入って、打合せに行くことになってですね、帰ってきたときにはなんだか時間が中途半端だったんで、あっさり諦めた。人間、諦めが肝心だ。そして、やることをやってると、ホントに仕事がネギ背負ってやってくるもんだなと実感。これがもっとドバドバ儲かる仕事だったら文句なしだが、如何せん、安仕事だ。仕方ない、薄利多売で奮闘努力するとするか・・・。
蛇足ながら、明日からうちの連れ合いは同僚と一緒に2泊3日で台湾旅行ときたもんだ。結構なことだ。俺も台湾に行って、写真を撮ったり飲茶を楽しんだりしたいもんだがな。
畜生、こうなったら明日はせいぜい朝から晩まで次の朝まで、うんざりするほどプリントさせてもらおうか。みっちり髪や指に薬品の臭いが染み込むほどに。こんなチャンスはまたとない。誰にも邪魔はさせないぜ。
読者諸君、失礼する。明日は早起きして連れ合いを送って行かなきゃならないんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿