2012/01/12

Post #426 12/Jan/2012

俺は犬に吠えられる男だ。太宰治の短編小説にも、やたらと犬に憎まれる男の話があったような気がする。手元の新潮文庫を片っ端からひっくり返せば見つかるだろうけど、おっくうだ。
近所の犬は、俺が塀の外を通っただけで、狂ったように吠えまくる。イカにもタコにも怪しいカンジが漂ってしまう。スーパーの駐車場では、車の中で留守番しているお座敷犬どもに、きゃんきゃん吠えられる。
かつて、俺のオヤジが当時付き合っていた女性の趣味で、柴犬を二匹飼っていた時など、オヤジの家の敷居をまたいだ瞬間から、いや、俺の車がオヤジの家の前に泊まった瞬間からか、俺が車に乗り込んで走り去るまで、犬が吠えっぱなしだった。
俺のお世話になっている先生の家に行けば、飼い犬のタローはこれまた狂ったように吠え続けた。幸か不幸か、オヤジはその女性と別れたんで、その柴犬は女性が引き取ってくれた。先生の犬も、老衰で死んでしまった。俺の身近から2つの脅威が取り除かれた訳だ。
俺は自分の体から、犬が吠えたくなるようなホルモンだかフェロモンだかが出ているんじゃないかって心配になるぜ。ついでに言ううと、犬上皮アレルギーを持っているので、犬に触るとかゆくなる。
まったく冗談じゃない。
モロッコで、もっとも心配だったのは、時折野犬を見かけたことだ。それも、デカい奴だ。イスラム教ではかつて犬は豚同様に不浄な生き物としてみなしていたと、南方熊楠の十二支考で読んだことがあるが、やはりそんな関係もあってのことだろうか。このあたりは、一介の旅人には窺い知ることは出来ない。しかし、一介の旅人だからといって、野犬がお目こぼししてくれる確証はない。おれからは犬が吠えたくなるフェロモンだかホルモンが、ぶんぶん放出されているのだから。
シェパードのようなごつい犬が、首輪も何もなしで、独りふらふら歩いていたりする。野良だ。飼い犬も、首輪をしていてもリードはついていない。どうなってるんだ一体。しっかりしつけてあるんだろうな?
旅の途中で訪れたエッサウィラの港町では、おっさんが連れていたこれまたゴツいシェパードが、その辺で陽にあたって和んでいる野良猫に向けて、突然猛然ダッシュして、とびかかったのを間近で見て、戦慄したことがある。猫はとっさにギャッと叫んで跳びのき、難を逃れたが・・・。こんなデカい犬に、ロケットのような勢いで襲い掛かられたら、さすがの俺でもヤバい。
犬は、苦手な生き物だ。
Rabat,Morocco
サレからラバトへと向かう船着き場を探して歩き続ける俺たちの前に、一匹のみすぼらしい犬が現れた。小さな子犬だ。しかし油断は禁物だ。俺達は、ちらりと一瞥をくれてから、すたすたと歩き続けた。しかし、意外なことにこの子犬、ちょこまかちょこまかと跳ねるようにして、俺たちについてくる。50メートルもいけば離れるだろうと思いきや、随分歩いても、離れる気配がない。しかも、どうやらこの犬、うちのつれあいではなく、俺についてきているようだ。
俺は身構えた。犬は上から手を差し伸べると攻撃されたと思ってかみついてくる。俺は用心して、手を軽く握り腰をかがめ、犬の目の前に差し出した。子犬は吠えることはなかった。大喜びだ。

意外なことに、犬は吠えもせず、俺にパタパタ尻尾を振ってすり寄ってくる。これはこれで困ったもんだなぁ。
かれこれ1キロほども連れて歩いただろうか。向こうから10人ほどの高校生くらいのモロッコ人の少年の一団がやってきた。子犬は、どうやらその少年たちに気をひかれたようで、俺から彼らに乗り換えてくれた。
さようなら、みすぼらしい犬よ。いかんいかん、少し情が移ってしまった。
気になって振り返ってみると、思春期の少年たちにいいようにあしらわれ、車道へと追いやられては、ノロクサ走るポンコツ自動車に轢かれそうになったりしている。見ちゃいられないぜ。
けど、あれはあれで可愛かったなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿