2012/02/10

Post #455 10/Feb/2012

今夜から仕事は激戦区に突入するんで、ゆっくり眠っていたかったんだが、朝も早よから、仕事の電話がジャンジャンかかってくる。大半は、どいつもこいつも自分の立場を守り、責任を回避するためのもので、熟慮の末にかかってきたものでは、ない。
バカらしー。まったくもってバカらしー。俺の睡眠のほうが、よっぽど重要だってのに。しょせんは仕事なんて金儲けなんだ。スマートにこなしちまえばいいのに。
怒られようが損しようが、どうってことないさ。命まで取られる事なんて、よっぽどありゃしないんだ。しょせんはたかが金儲けだろ。テキトーにやっつけちまえばいいのさ。
俺の頭の中には、キヨシローが歌う『不真面目にいこう』という名曲がぐるぐる回りはじめる。
君たちは知らないだろうが、これは名曲なんだ。君も覚えておくとイイ。バカらしくなった時に、頭の中に流れることだろう。クソまじめな故に、かえってバカバカしいニッポンの皆さんには、こんな開き直ったセーシンも必要だ。とはいえ、そのケツは自分で拭いてくれよな。俺はゴメンだぜ。ふとことでいえば、『真面目に不真面目快傑ゾロリ』ってとこさ。
そういえば、森山大道の映画、『≒森山大道』のなかで、夜の新宿をスナップする森山大道のシーンのバックに流れていたのもこの曲だ。素晴らしい選曲だ。
HongKong 猪八戒、不真面目のマエストロだ
不真面目にいこう テキトーでいい
不真面目にいこう ダイタイでいい
正直者はバカをみる
そうさ いつでも泣きをみる
俺は何も見たくない
はるか彼方を見てるだけ

不真面目にいこう テキトーでいい
不真面目にいこう オーヨソでいい
家に帰って眠るだけ
どっかのアホが起きている
俺は夢など 見たくない
まして 現実は もうタクサンダー

月が流れ落ちていく夜
雲が歩き出していく夜
ああ それもヤブサカではない
だが しかしヤブヘビでもない

不真面目にいこう テキトーでいい
不真面目にいこう ホドホドでいい
仕事と称して ヒマつぶし
どっかの ボケが 食いつぶし
俺は今から 居なくなる
はるか 彼方に しけこむ算段


不真面目にいこう
不真面目にいこう
不真面目にいこう
不真面目にいこう
不真面目にいこう
不真面目にいこう
不真面目にいこう

(『不真面目にいこう』忌野清志郎Little Screaming Revue“GROOVIN' TIME”より)

こんな歌だ。ふん、どいつもこいつもケツの穴の小さい勘違いヤロー、いや失礼、肛門の狭小な理解力の低い方ばかりで、世の中なんだか馬鹿らしくなってくるぜ。怒りたい奴や呆れたい奴、誰かのせいにしたい奴、おケツを拭いてほしい奴、世間に蠢く魑魅魍魎、そんな奴らはどいつもこいつも勝手にそうしてればいいのさ。俺は俺のやり方で、泥臭くかつスマートにやって見せるってもんだ。百姓のクソ意地だ!口八丁手八丁だ。ヤケクソだ。ケツを拭いても火傷しそうな勢いだ!それが人生だ、ロックンロールだ!イヒヒ・・・、よし、やる気が出てきたぞ、気力充実だ。俺はこの世の中のぐでぐでと偽善に吐き気が止まらず、胸の奥には静かな怒りの炎が臨界突破してる。メルトダウンのカウントダウンだ。のってきたぞ!きっと仕事はバンバンだぜ!厄介ごともトラブルも、資金不足も血だるま火だるま、七転八倒七転び八起きで切り抜けて見せるってもんだ。
OK、合言葉は『不真面目にいこー!』だ。
失礼する!始まる前からやってられないぜ!

0 件のコメント:

コメントを投稿