2012/03/31

Post #493 さすがの俺も腰痛には勝てないのさ

今日はプリントするつもりだったんだ。しかもガンガン。しかし、溜まった洗濯物をベランダで干していたら、突然腰に電撃が走るような痛みが・・・。腰痛だ。たまらないぜ。せっかくぶちかましてやろうと思っていたのに。身体はさらなる休養を求めているんだ。プリントはなんだかんだ言って、重労働だからな。心身ともに充実している時じゃなきゃ、失敗ばかりでうんざりする羽目になるんだ。刀鍛冶のように、心身を清めてとまではいかないが、心気充実していないと、満足いくものは出来ない。
仕方ない、今日はネガのチェックだけにしておこう。
俺は、そんな腰を労わりながらも、所用のために歩いて出かけた。パイソン柄のスキニーデニムに、これまたパイソンの靴、それに毎度おなじみのパープルのコートを羽織って、髑髏の杖をつきながら、よろよろと出かけて行ったんだ。
ある店に入ろうとしたとたんに、後ろから女性に声を掛けられた。二十代半ばくらいの娘さんだ。なんの用かと思ったら、営業でそこらを回っていたら、凄い人=俺を見かけたんで、写真を撮らせてくれといって、息を切らせて走ってきたんだそうだ。物好きな女の子だ。俺は、彼女の期待を裏切らないように、エキセントリックで、少しばかり女に手が早そうなふりをして、写真に収まってやったんだ。まぁ、そんなこともあるか。電話番号くらい聞いておけばよかったな。しかし、賢明な読者諸君は知っているだろう、本当に注目するべきは、俺の格好じゃなくって、この中身だってことを。人は見た目が9割とか言うが、その見た目というのは、その人物のニンゲンセーが滲み出るというか、精神の在り様が形をとるものなんだぜ。外見だけじゃくって、中身にこそ興味を持ってもらいたいぜ。
十把ひとからげ、すり替わっても気にも留められないような奴や、流行に踊らされ、みんなと同じ格好をしてイイ気になってるような奴は、俺に言わせれば、所詮、中身も考えてることも、ボンヨーだってことだ。
そもそも、人と同じじゃ、一般大衆にうずもれてしまうぜ。
同じ炭素でできていても、石炭とダイヤモンドじゃ、自ずから輝きも違うってもんさ。もちろん俺はダイヤモンドのような男なのさ。そしてもちろん、この俺の心のシャウト満々の糞ブログをいつも愛読している君たちも、石炭野郎どもとは違う、ダイヤモンドのような魂の持ち主に違いない。もし、君たちが自分はそんなダイヤモンドのような人間ではありませんというなら、今日からすぐに認識を改めるべきだ。君は、ダイヤモンドの輝きを持ってる。間違いない、この糞溜めみたいな世界で、光を放ってるサイコーな奴だ。間違いない。俺が保証しよう。ダッハッハッハ!
Paris/発見、ルパンのアジト
で、今日の一枚。これは俺が花の都パリで見つけたルパンのアジトだ。このチンクエチェントが動かぬ証拠だ。あのカリオストロの城で、ルパン一味が乗ってたアレだ。間違いないぜ。
というのも、今日はTVで毎度おなじみカリオストロの城がやってたんでね。あれは何度見てもイイ映画だ。今までに何回見たことだろう。ほとんどセリフも憶えちまってるほどだ。
しかし、いつも思うんだけど、クラリスみたいな可憐な娘さんに、『おじさま』とか呼ばれてみたいもんだな。そもそも、クラリスみたいな可憐な御嬢さんってのが、この日本ではとっくに絶滅しちまってるんだろうな。けど、いつの日にか、そんな可憐な御嬢さんに、『おじさま』とか呼ばれて、慕われる日を夢見て、明日もちんたらやるとするか。
ネガをしこたま見て、まだ見ぬ自分の写真に痺れまくり、旅の思い出を懐かしんだ話は、まぁ明日だ。あれ、日付が変わってたぜ。まぁイイか。
読者諸君、失礼するぜ。よい週末を過ごしてくれたまえ。

0 件のコメント:

コメントを投稿