2012/04/05

Post #497 On The Road

本日、久々に寸暇を縫ってプリント25枚。
モロッコのマラケシュの写真だ。ただ今乾燥中なんで、明日以降、順次お見せしよう。
写真を撮っていて面白いのは、路上の暮らしだ。トルコでも、ベトナムでも、香港でも、モロッコでも、人々は路上でいろいろとやっていた。
生活の場が、個々人の暮らす住宅の中から、路上にはみ出している。路上で人々が交わり、生活を営んでいる。子供たちが、路地でよれよれのボールでサッカーをしていたりする。屋台のような店が並び、道に商品を広げただけの店とも呼べないような店もある。値段は決まっていない。客と店主の交渉によって、妥当な値段が決められていく。
日本では、路上は単に人々が行きかい、車が走り抜けるだけのものになってしまっているけれど、本来道とは、こんな雑多なものだったんだなと、楽しくなる。昔の日本もこんなようなものだったに違いないが、今は違う。人びとはただ忙しそうに道を行き交うだけだ。無駄がないと言えばそれまでだが、人生ちゅうのは、一見無駄な行為によって奥行きが出てくるんじゃないのかい。街も同じだろう。道路に、人々のプライベートな空間がはみ出している。どこからプライベートで、どこからがパブリックな空間か、混沌として判然としないわけだ。まるで、街の内臓がむき出しになっているように感じる。
まさに路上生活だ。そういってしまうと、今の日本ではホームレスを連想してしまうが、生活の場が路上にあるといったような意味合いでの路上生活だ。
どこに行っても、ただ街をブラブラ歩き、立ちどまることすらなく写真を撮っていく俺には、こういった路上生活は大のご馳走だ。
HongKong
俺は自分が、人間好き、つまりヒューマン・インタレストだと痛感する。どんなに雄大で美しい景色でも、人間の生活感ちゅうか、人間臭さがしない風景は、ことさら写真に撮りたいとも思わないからな。
路上の暮らしは、まさにそんな俺にうってつけなんだ。
確かに日本はどこに行っても整然としていて、キレーだけれど、路上に生活感があるかと言ったら、むしろないわな。強いて言ったら、ホームレスのおっさんの家とか、屋台とかか。しかし、行政はホームレスを公園から締め出し、街から追い出そうとしている。屋台は縁日なんかの得意な場所に限られているのが実情だ。
路上での暮らしが無くなったことで、俺たち日本人が失ったものは多いんじゃないだろーか。
確かに俺たち日本人は、世界的に見ると最も豊かな民族だ。子供たちは、よれよれのサッカーボールを、暗くなるまで追いかけることもない。塾の合間にPSPで遊んでいることだろう。
道端で、人びとが語り合い、笑いあう姿を見ることもまれだ。何といっても、ココ日本では、道は通行するものだからね。そんなことしてちゃ、すぐに車に轢き潰されちまうさ。道に人々がたむろして、集まれば、すぐにオマワリが飛んでくる。道路は、通行するためのもんだからな、仕方ないか。
けど、そんな暮らしが無くなって、俺たち日本人は、おおらかさまでなくしちゃいないかい?
身のまわりは抗菌素材で、ガードされている。マスクなんて、俺のガキの頃は口裂け女くらいしかしちゃいなかっただろう。けれど、今じゃどうだ、どれも彼も、目に見えないものを気にして、マスクをして足早に歩いている。そして俺たちはいつでも些細なことで、目くじらを立てていさかっている。
そういえば、もう14年もの間、自殺者は年間3万人を越えているそうだ。
まぁ、路上の暮らしの有無とは、何の因果関係も見い出せそうにないけれど、俺はそこに何か風が吹けば桶屋が儲かる式のつながりを感じないではいられないぜ。
読者諸君、失礼する。いつかどこかの街角で、君と遭うことがあったら、ぜひそこらの道端で、長話してみたいもんだ。

4 件のコメント:

  1. はじめまして、sparksさんのブログを発見し、写真も文章も面白くだいたい全部読んでしまいました。
    僕も写真をやっており、sparksさんが写真について語っていることなど納得できることばかりです。
    VIVOの写真家や森山大道やその周辺の写真家など、写真の好みも似ていると思いました。
    ヒューマン・インタレストな人間くさい路上スナップをやっている人はどんどん少なくなっていると思うのでsparksさんのような写真は貴重だと思います。
    これからも頑張って下さい!

    返信削除
  2. どうもありがとうございます。ほとんど全部読んで頂いたなんて恐縮です。
    この手の写真は、絶滅危惧種になってしまいました。○佳代とかが売れたりするご時世です。下手なことをすると、やれ肖像権だの迷惑防止条例だので、しょっぴかれてしまう世知辛い世の中です。
    けど、この手の写真こそ、写真のバックボーン、本流だと思っています。実際、最近読んだ『写真の読み方』という本のなかでは、取り上げられていた日本人写真家は東松照明、中平卓馬、森山大道だけです。ある意味世界に通用する写真家というと、この辺りになるのでしょう。あとは荒木さんかな。
    話が脱線してしまいました。
    これからも、遊びに来てください。いつか、貴方の写真も見せて貰えるとウレシーです。こんなヘタッピですが、これからもよろしく。

    返信削除
  3. こんにちは。
    私はこないだ初めて中華民国へ行ってきました。
    横道に入るとほんとにおもしろかったです。
    チェーン店なんかは少なくて、個人経営の個性的(好き勝手に建ててるだけでしょうが)な店が立ち並び、人も物も動物も入り乱れていて、街も人も元気に見えました。
    残念ながら抗菌日本にはもうない光景ですね。

    そしてにっこり心から他人に笑いかける台湾人に好感が持てました。

    マラケシュの写真楽しみです。

    返信削除
  4. いつもコメントありがとうございます。
    中華民国、イイですねぇ。僕自身も行きたいと思っているんです。瀬戸正人のBINRANとか、東松照明の南島なんかを見ては、行きたいなぁ、台湾なんていつも思っています。ご飯もおいしそうだし・・・。
    きっと、ころさんの言うとおり、ニッコリと少しはにかむように微笑む人たちに出会うことができるのでしょう。
    いろんなところを旅していると、どこに行っても、目が合うと微笑みを返してくれる人たちに出会います。それはひょっとしたら、微笑みかけることで、自分には敵意は無いと表明する一つの大陸的な感覚の表れなのかもしれませんが、いつもそんな笑顔に出会っては少しだけ嬉しくなります。
    しかし、日本ではまずそんな笑顔に出会うことはありません。残念ながら。時折海外からの旅行者と目があったりすると、そんな笑顔に接することはありますが、日本人の笑顔ってのは、くだらないことで笑い転げる若者くらいしか思い当たりません。これはいささかむっとします。誰も彼も、きつい目をして、他人と目を合わさないようにして行きかっています。
    さみしーものです。途上国と呼ばれるような国々では、僕らの感覚からするととんでもなく貧しい暮らしをしている人でも、僕のようなストレンジャーに極上の笑顔を見せてくれるものです。時には頼んでもいないのに、道を教えてくれる人もいます。
    こんな経験を重ねて以来、僕は極力、他人と目が合うとにこりとしてみるようにしているのですが、どうも変質者と間違われてしまいそうで、内心ヒヤヒヤしてます。
    日本人が失くしたものは、デカい!そう思わざるをえませんね。
    マラケシュも、台湾の様に、人も動物も車も自転車も原付も、何もかもが中華飯の様に入り乱れて、まるでカオスでした。けど、そんなルーズさがたまらない魅力です。

    返信削除