2012/04/15

Post #507 まことにもってつまらない歩行者天国

オッス!ファンキー・ガッツマン・スパークスだ。勢いで実名を書きそうになってしまった。別にかまわないけどね。今、仕事を終えて帰ってきた。なに、大したことはしちゃいないさ。疲れてるってほどでもない。チョロイもんだ、絶好調だ。そういうことにしておこうぜ、その方が丸く収まるってもんだ。
さてと、今日も今日とて俺は、百貨店で仕事をしていたんだ。
おもえばその百貨店で仕事を始めてから二か月以上にもなるだろう。いや、初見の人が勘違いするといけないから、あえて言っておくが、俺は内装工事屋だ。男業の中の男業だ。いい年して、自分の好みとは違う服を着て、自分が好きでもない服を他人に売るような仕事をしているわけでは、ない。しかし生きていくためには妥協も必要だ。好みよりも慣れということもあるだろう。フツーならばそれも致し方あるまい。しかし、俺にはどうにもできないんだな。モノを売るなら、売れなくっても、自分の好きなものを売りたいもんだ。
その点、俺は自分のことが大好きなお目出度い男なんで、自分自身に値をつけて売ることにした。それで今の仕事だ。おつな商売道具を生まれながらに持っている女性たちの究極の女業とは違い、男業の中の男業は買いたたかれるばかりだ。しんどい割に実入りは少ない。人生は思うようにはいかない。しかし、そこにドラマがあるというものだ。それで根を上げるような奴は、ファンキー・ガッツマンなどとは呼ばれない。腑抜けの玉無し野郎だと相手にされなくなるのがオチだ。値を上げるよりも、実力で値を上げることを目指す方が建設的というものだ。今目の前にあることに、全力投球できない奴は、どこに行っても、ガスの入ってない百円ライターほどの活躍しかできないだろう。
そんなことは、どうでもイイ。脱線、脱腸、脱肛だ。
Marrakech,Morocco
今日の昼休み、俺が百貨店の真ん前の吉野家に昼飯を食いに出かけると、大通りは歩行者天国になっていた。
実はこの歩行者天国、昨年試験的に実施して好評だったので、今年もやりますという話だが、何が好評なのか、俺にはさっぱりわからない。
ただ、いつもは車が行きかう車道を、ブラブラと歩くことができるというだけの、実に退屈きわまる代物だ。しかし、家族連れやカップルなどはご満悦なようだ。
屋台も出てなければ、大道芸もない。ただだだっ広い車道を歩くだけ。それ、面白いのか?
誰が付けたか歩行者天国という名前。よく天国とはつまらないところにちげーねぇ、その証拠にどいつもこいつも、あれだけうんざりしていたこの世にまた帰りたがる、という小話を耳にしたことがあるが、この歩行者天国も、退屈なことにかけては、本物の天国と同じくらい退屈だ。
俺はモロッコのマラケシュの中心、世界遺産ジャマエル・フナ、通称フナ広場を思い出す。
屋台あり、大道芸あり、民族音楽の楽団あり、へびつかいのオヤジあり、猿回しのオヤジあり。土産物屋、有象無象にあり、地面に布を敷き、帽子やら香辛料やら衣類やら自分の売れる限りのありったけを並べて売ってるおっさん、おばはんあり。なかには使い古しの入れ歯を並べて売ってるおっさんまでいる。誰が買うんだ、それ?
夜になると、本格的な屋台村が出現し、人々はぼったくられる。飯を食ってると、子供やおばーさんが、ティッシュを売りつけに来る。変な子供だましの玩具を売りに来る。
朝から真夜中まで、ドォンゴ、ドォンゴ、ドォンゴ・・・って、ドラムの響きの絶えることが無い。
人を小ばかにして、真面目に考える力を奪うような笛の音が、どこからか流れてくる。
そんな中を、馬車が、ボロボロのベンツのタクシーが、スクーターが、自転車が、ロバの荷車が、クラクションを鳴らし、怒号を張り上げ、人の波をかき分けるようにして走り回る。
俺の街の歩行者天国がもし天国ならば、ココはむしろ地獄だ。けれど、天国より燃える地獄のほうが、刺激的だぜ。そう、断言しよう。これこそが祝祭空間だ。一年365日、訳もなく毎日お祭り騒ぎだ。サイコーだ。ココに住みたくなってくるぜ。
どうせ歩行者天国とかやるんなら、そこまでとは言わないけれど、もう少し面白く、かついかがわしくしてくれても、いいんじゃないですか?ダメですか?もうちょっと羽目を外しても、いいんじゃないですか?えっ、屋台をやってるテキヤさんは、暴力団排除の名目で、最近敬遠されてるの?バッカじゃないの?所詮、ルール大好きの日本人には、無理な相談かもしれませんねぇ。
ますます、一般的な日本人のセンスから逸脱し、世界性を獲得している俺なのさ。
読者諸君、失礼する。明日も満員電車で現場に行かなけりゃならないなんて、気が滅入るぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿