2012/04/30

Post #519 今日もまたつまらない写真をお送りしよう

HomeTown
今日もまた、つまらない写真をお送りしよう。
道端に転がる、壊れたサンダルだ。世間一般の常識に照らせば、これはまぁ、ゴミだろう。
こんなゴミを、写真に撮る意味を云々するのは、言うなれば野暮というものだ。気になったんだから仕方ないだろう。
昨日に続いて、俺自身はこの写真がつまらない写真だなんて、これっぽっちも思っちゃいないんだがな。君はどう思う?俺が気に入っているのは、地面を覆うブロックの、粟立つような質感だ。
今日で四月も終わりだ。早いもんだ。俺はこの歳月の流れゆく速さが、まったく以てつまらない。子供の頃は、もっと時間が濃密に流れていたような気がするんだが・・・。それだけ年をくっちまったってことか。歳月は無情なものだ。写真は、その無情さに抗う手段の一つだ。
読者諸君、失礼する。お風呂に入って、とっとと眠るさ。なにせ明日も仕事だからな。我ながら、御苦労なこった。

0 件のコメント:

コメントを投稿