2012/05/03

Post #522 ダメ押しのようにつまらない写真をお送りしよう

うぅ、疲れた。世間様は休日を愉しんでいるというのに、俺は男の仕事が山場だった。立ち続けて、足が重い。勢い眠りたくもなってくるというもんだ。読者諸君、分かってくれるかな?
にもかかわらず、つまらない写真を今日もお送りしよう。
HomeTown/Nagoya
仕事に倦み疲れた俺の手元に、アマゾンから一冊の写真集が届いた。
中平卓馬『Circuration Date,Place,Events』(OSIRIS刊)だ。
これは凄い。まさに写真の極北だ。
この写真集の概要は、既にこの写真集のカバーに日本語と英語で以下のように併記されている。
『1971年、パリ。世界各国から若い芸術家たちが参加したビエンナーレを舞台に、中平卓馬は『表現とは何か」を問う実験的なプロジェクトを敢行する。「日付」と「場所」に限定された現実を無差別に記録し、ただちに再び現実へと「循環」させるその試みは、自身の写真の方法論を初めて具現化するものだった。』(Circuration カバーより)
若き日の中平は、日本代表の一人として参加したこのビエンナーレの期間中、毎日パリの町中を歩き回り、無差別にシャッターをきり、毎日200枚もの写真を現像プリントし、展示し続けた。そして、その写真を見ている人々もまた、写真におさめられ、新たな展示物として、一連の写真の中に循環されていったのだ。そして、最終的には1500枚に及んだ写真は、さまざまな事情により、中平自身の手によって、会期の終了を待たずにすべて剥ぎ取られたという。その行為自体がいかなるいきさつによるものであれ、それは写真が双方向的なメディアであり、なおかつコンセプチュアルアートにすらなりうるものだと示しているように俺には思える。

写真とは、なにか。表現とは、何か。
その根源を突き詰めていくような写真の集積。

ここには無論のこと、キレイな女の裸も、可愛らしい猫も、絵葉書のように気の利いた風景も、決定的な瞬間も、何も写されてはいない。そんなもんが何も写っていない、ただ日常目にする風景のシーケンスの集積といっても過言ではない。世間一般の写真好きの中でも、この写真集に対する評価は、ある種の踏み絵のように別れることだろう。仕方ない、可愛らしい動物の写真集やアイドルの写真集ばかりが売れる日本だ。

疲れた体を引きずるようにして帰ってきた俺は、何をさておき、この写真集をまじまじしみじみと眺め、味わった。詳しいことは近いうちにまた話そう。いや、話さないかもしれないけれど、これは凄い写真集だ。君が写真に興味があるんなら、ぜひ一度見て見て欲しい。つまらない写真がたくさん並んでいる。写真に意味などないことを、そして、何かに意味があるのなら、あらゆるものに意味があるという逆説的な何かを訴えかけてくる。語れば語るほどに、迷宮に迷い込んでいくような感覚に陥る。確かに写真の極北だ。
まぁ、ムツカシーことを抜きにして、俺はここにある意味でパンクな写真の在り方を見てしまうんだけどね。そんなの俺だけだろうけども。
さぁ、俺は風呂にゆっくりつかって疲れた体を癒やすんだ。そして、深夜もう一度、この写真集を開いてみるんだ。写真の極北は遠い。しかし、それは確かに存在する。
読者諸君、失礼するぜ。しかし、一晩に200枚もの写真を現像・プリントするなんて驚異の体力だなぁ。疲れたなんて言ってられないぜ、きっと。

4 件のコメント:

  1. こんばんわ。前にブログを紹介させていただいた者です。多分ブログを見ていただいたと思うのですが、ありがとうございました。sparksさんから見て何か一枚でもひっかかる写真があれば嬉しいです。
    中平宅馬の写真集は色々見ましたが、今回紹介されている本は知りません。チェックしてみようと思います。
    個人的には最近川田喜久治に傾倒しています。
    これからもsparksさんのブログを楽しみにしています。

    返信削除
  2. こんばんは。いつもありがとうございます。
    T.Sさんのブログ、拝見させて頂いてます。ランダムに過去の投稿も見せていただいてるんですが、正直言って、引っ掛かりまくりです。で、ある程度腰を落ち着けて全体像をつかんでから、コメントさせて頂きたいなぁとおもいつつも、連休中にもかかわらず、何だか仕事が忙しくってなかなかじっくり見ることが出来なくてすみません。ダッハッハ!
    FaceBookのほうが、いろいろと総括して見れるように書いていらしたんですが、僕、FaceBookのアカウント、持っていないんで。今後の課題として検討しております。なんて、小役人のようなことを書いてしまった。
    正直いろいろと、これどうやって撮ってるの?とか訊いてみたことがたくさんあったりしますし、『げっ、すんげーうめー』とか呻いたりするような写真ばっかりです。
    こんな上手い人に褒めてもらっていいのかなぁ、俺。確かに方向性は近いものを感じてるんだけど、俺のは真っ黒で汚いだけだしなぁ・・・。なんて思ったりもしてたりもしてます。まぁ、真っ黒で汚いところが当方の売りでもあるんですが(笑)。
    中平卓馬のCircurationは、最近アマゾンからきたメールで知りました。アマゾン、商売上手です。出たばかりです。いつもしてやられます。
    このビエンナーレに関しては、2003年4月の美術手帖『特集 森山大道×中平卓馬 格闘写真史 196X-200X』で触れられていたので、すぐに飛びつきました。ある意味中平卓馬が世界の写真史に殴り込みをかけた瞬間!のような位置づけです。
    川田喜久治、僕、あまり見てないんです。今度一度、見てみます。
    近々、そちらにもコメントさせて頂きます。ではまた。御機嫌よう。

    返信削除
  3. お褒めにあずかり光栄です、ありがとうございます!でもsparksさんのほうが、あいまいないい方ですが、より写真らしいことをやられてると思いますし、おおげさにいえば歴史的にも意義のある写真を撮っていると思います。ぼくは自閉的に自分の趣味嗜好に凝り固まった写真を撮っているだけで、sparksさんのような写真は撮れないでしょうし。森山大道に見てもらった時も、もっと人間撮れよといわれました。それに、ぼくはsparksさんのブログを読んで、文章に共感することが多かったし、写真も好きだったのです。ぼくは現在27で写真のレビューに何回か参加して若い人の写真を色々見たのですが、本当にモノクロフィルム街頭スナップはほとんどみかけません。絶滅危惧種です。やってるひとがいてもデジタルでカラーです。そんな中sparksさんがフィルムで撮る写真は新鮮に見えたし、貴重だと思います。
    あと、わざわざフェイスブックのアカウントをとっていただく必要はありません。ここ2日くらいでブログに出してない写真をアップするようにしますし、ブログが見やすいようにできたら整理しようと思います。
    ブログをみていただいてありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

    返信削除
  4. そんなに褒めても、何も出ないよ(笑)。
    因みに、森山大道は70年代に写真を教えていた頃にも、人物を撮れ、人物を撮れと言っていたそうです。何かで読んだ記憶があります。おそらく、森山大道の決めゼリフなんでしょう。
    とはいえ、人物を撮る人はあんまりいないようですね。みんなシャイなのかなぁ?よくPenを肩に下げてる女の子や、ニコンやキャノンのデカいデジカメを首からぶら下げているおじさんは、何を撮っているのでしょうか?
    僕に言わせれば、常にカメラを右手にホールドして、人差し指をシャッターに当てていなければ、スナップなんて撮れるわけないと思いますが。視線を一つ所に定めず、全体を俯瞰して、標的を見つけた瞬間に、身体で撮るくらいの意気込みがスナップには、必要だと思うんですが。
    もしよろしかったら、僕のMy Favorite Blogsにあげている這一刻のBuddhayashiさんの写真などご覧になってはいかがでしょうか。デジタルですけど、迫力のある写真です。僕はああは撮れませんね。
    要は、それぞれに興味関心の向かうところは異なっているし、それぞれに固有の撮影スタイルがあって、更にカメラの機種、レンズの画角、デジタルかフィルムかなどの選択があって、そういったハード的、ソフト的なイロイロがあって写真は決まってくると思いますので、カメラを替えると写真が変わるというのは、あると思います。
    しかし、僕は昔、コンタレックスやイコンタでスナップを撮っていたことがありますが。あれはあれで面白かったなぁ。ということはカメラはなんでもイイってことか?となるとやはり、写真を撮る欲望の問題でしょうか。
    欲望なら最近の草食系と言われる若者に遅れはとりません。何せ生粋の肉食系中年ですから。余りにギラギラしすぎていて、女性から敬遠されるくらいです。ではまた、御機嫌よう。

    返信削除